大手サラ金が、暴利をむさぼることはないはず。

大手サラ金が、暴利をむさぼることはないはず

サラ金について、一昔前ほど怪しいものではなくなってきました。CMも頻繁に流れているし、町中で看板を見かけるためです。とくに借金をしようとは思わないから利用していませんが、お金がいるなら金利の部分を考慮して借りれるようにはなっています。

金利はイメージとしては5%〜15%ぐらいで、いわゆる怪しい業者の不法な利率ではありません。滞納したら10%ずつ上乗せされていくような高利とは違うから、その点は安心できます。

とはいっても安心できるのは、上場企業などの大手企業に限ります。零細企業の場合は不安があります。よく知られた大手企業のサラ金を使う分には、貸金業の規則などに沿っているはずであるから、借りるところとしては第一候補です。

大手企業で借りようとも金利はかかってくるから、10万円借りたら、10万5千円〜11万5千円ぐらいは返さなければなりません。そういう支払い能力があるかどうかが肝心です。

どの大手企業でも、一定条件をクリアしなければ貸してくれないことのほうが多いです。

こちら

とくに銀行は貸してくれません。サラ金のほうが借りやすくなっていて手続きが早いから利用されることもしばしばです。

お金を借りようと思ったら、働いていることが第一です。

キャッシング体験談と使い方の提言について

キャッシングを使いまくり、現在もリボ払いで利息と共に支払いを続けている弟の話です。

弟は大学時代、洋服や飲みに凝り、その代金が賄えなくなった時、キャッシングで借りていた時期がありました。

それも、枠の限界まで借りて、社会人になってからもそれは続きました。

そして現在、弟は結婚していますが、未だに当時の利息を支払い続けています。

これで思ったのは、若い時にクレジットカードやキャッシングカードの使い方を、しっかりと学校で教えておくべきだと思うのです。

こちら



金利の計算をしたり、「これ以上使ったらここまではこれぐらいの金利で済んだけど、このラインからはこれぐらいかかるよ」というようなことまで教育するべきだと思うのですが。

私も人生勉強として、かつてネット決済でキャッシングしていた時期がありますが、全額返済するのに10年近くかかりました。

これを解決するには、「早期に元本を全額返済する」ということと、「必要な引き落とし以外は絶対にカード決済をしない」ということなのです。

近年はネットサービスを使う時、webマネーやPayPalなどの決済を使うこともできますが、私はやはり、カードを持っていれば決済が可能になるクレジットカードを使います。生活費が足りなくなったときなどはキャッシングに行くこともありますが。

と、色々書きましたが、要は使い方。使い方を決めればこんなに使いやすいツールもなく、日常生活の助けになります。ので、私はこれからもクレジットカードやキャッシングカードを持ち続けようと思います。

こちら

三菱東京UFJ銀行の2つのカードローン

三菱東京UFJ銀行のカードローンには、マイカードプラスとバンクイックの2つがあります。

それぞれの特徴について紹介したいと思います。

マイカードプラスとは、口座の残高不足に対して自動で融資するカードローンです。

通常のカードローンとは少し機能が異なりますが、ATMやインターネットバンキングからも借り入れは可能です。

マイカードプロスは、三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードを持っていることが条件となりますが、新規カード発行不要、来店不要、本人確認書類提出不要など申し込みが簡単なことも特徴です。

限度額は30万円とやや低めの設定ですが、月末に口座残高不足によくなる方、面倒な申し込みをしたくない方にお勧めです。

一方、バンクイックは通常イメージするとおりのカードローンです。

銀行系カードローンの強みを生かし、最大限度額500万円、金利年4.6%~14.6%と借り手に優しい設定となっています。

こちら



バンクイックは融資までのスピード、借り入れ、返済の便利さが特徴です。

申し込み方法は、インターネット、郵送、電話、テレビ窓口の4つです。

この方法の中で、融資まで一番時間が短いのはテレビ窓口です。

テレビ窓口は最短40分でカード発行まですることができ、その場で融資を受けることが可能です。

土日や祝日、夕方以降も申し込みすることができ、借入希望額が100万円以下なら必要なものは免許証だけであり、申し込みがとても便利です。

バンクイックは提携ATMの手数料が無料で、1000円単位からの利用が可能なので使い勝手が便利です。

しかも土日祝日、深夜と曜日や時間に関係なく無料であることも嬉しいです。

まとまったお金を借りる時だけでなく、日々のちょっとしたお金を借りる時にも便利なカードローンです。

以上が三菱東京UFJ銀行の2つのカードローンの特徴についてです。



<<前のページへ   次のページへ>>