キャッシングをまとめる方法

キャッシングをまとめる方法

消費者金融や信販会社が行っているキャッシングは、融資の審査に簡単に申し込みが行える上に利用しやすいという点がメリットとなっています。簡単に利用できるという事から借り入れの金額が膨らんでしまいがちであるという点に充分注意する必要があります。

さらに現在では、総量規制という規則が施行されているので、年収によって借入の総額に制限がかかっている状態となってしまいます。消費者金融系や信販会社のキャッシングは、総量規制の対象となっているので、借入の金額が年収の3分の1を超えてしまった場合には、新たに融資を受ける事は出来なくなってしまいます。

こちら



これらを防ぐために、銀行のキャッシングを利用したキャッシングの一本化という方法があります。現在では、銀行もキャッシングを行うようになっています。銀行の行う融資は、総量規制の対象とならないので、年収による制限がかかりません。数百万円が利用可能となっている商品も用意されています。

銀行の行うキャッシングもインターネットから融資の審査を受ける事が出来ます。商品によって違いはありますが、大枠の融資を希望する場合には、収入証明書の提出が必要な場合があります。消費者金融系のキャッシングと比較すると審査の難易度は、厳しめだと思われます。

こちら



しかし審査に通ることによって、複数のキャッシングを一つにまとめる事が可能である上に、年収による制限がかからないという点は非常に大きな魅力です。金融機関からの借入件数は、同じ金額であっても件数が少ないほど信頼度は高いとみなされるので、社会生活を行う上でもメリットがあります。

今日の消費者金融

消費者金融とは消費者向けの小額・無担保の短期の融資のことです。2006年の消費者金融額は約31兆円です。そのうち消費者金融専門会社による融資額は約9兆円です。

こちら

消費者金融を事業として行う貸金業者は貸金業法による登録が必要です。登録せずに不正に高金利で貸し付けを行うことは取締の対象となり、一般に「闇金融」と呼ばれています。消費者金融は1990年代に飛躍的に発展しました。自動契約機の普及やテレビ広告の解禁などが影響しました。最近では消費者金融の高収益性に目をつけた銀行などの金融機関の参入が目立っています。銀行が消費者金融に参入するパターンは次のようなものです。消費者金融専門業者との業務提携、消費者金融専門業者との子会社の共同設立、資本提携、銀行による吸収統合などです。

かって消費者金融というと高金利、暴力的な取り立てなどでマスコミに大きく取り上げられていました。

こちら

2006年12月に法律が改正されました。改正貸金業法がそれです。法改正は遅きに失した感がありますが、多重債務者の救済と消費者金融業の健全な発展を求めた社会からの要望に応えたものでした。改正法ではいわゆるグレーゾーン金利も廃止されました。グレーゾーン金利は「出資法の上限金利」と「利息制限法の上限金利」の間の微妙な金利のことです。改正法では利息制限法の上限金利20%に統一されました。また融資金額が年収の三分の一を越えてはならないとする「総量規制」も取り入れられました。その他貸金業者の資格要件なども厳しくなりました。大手銀行などとの業界再編が進み、今日では正常な消費者金融が行われています。



<<前のページへ   次のページへ>>