消費者金融の審査に通らない理由

消費者金融の審査に通らない理由

現在の消費者金融は借入も返済も利便性が増しており、色々なサービスも提供されていることから、利用者にとっては非常に便利なツールになっています。

しかし、それはあくまでも審査に通った場合のことです。審査に通らなければ1円も借りることはできません。現実に、大手の消費者金融の審査に通る確率は50%に満たず、2人に1人が審査に落ちています。新しい貸金業法によって審査も厳しくなっていることから、安易な借り入れはできなくなっています。

審査に通らない理由には色々なものがありますが、圧倒的に多いのが借入件数のオーバーです。

こちら

消費者金融の場合は借入件数を審査の目安にしていることが多く、他の消費者金融との取引が4社あると、まず審査に通りません。

また、貸金業法によって総量規制が掛かっているので、すでに年収の3分の1を借り入れている場合は、無条件でNGです。同様に、過去に延滞や返済事故を起こした人も通る確率は0です。

特徴的なのが「申込ブラック」というもので、短期間に3社以上の消費者金融に申込みをすると、多重債務になる可能性が高いと判断されて、審査から落とされます。

こちら

これは借入の有無は関係なく、審査の照会をしただけで対象になります。従って、続けて3社に申込みをしたら、半年程度は間を空ける必要があります。信用情報機関には申込記録が6ヶ月間保管されているので、すぐに分かってしまいます。

それと、現在の勤務先の勤続期間が半年未満だったり、電話料金が未納だったりすると、審査に通らなくなります。

なお、変わったところでは、弁護士や司法書士はNGです。

こちら



サラ金でお金を借りるときの注意点

急にお金が必要になった時に、私たちの強い味方となってくれるものとして、サラ金を挙げることが出来ます。サラ金でお金を借りることはよくあることだとは思いますが、お金を借りるときには、注意しておくべきことがあります。では、そのお金を借りるときの注意点と言うものには、どのようなものがあるのでしょうか。まず、必ずと言って大切なことが、しっかりと返済計画を立てるということです。自分の収入に見合っただけの融資を受け、しっかりと返済できるような期間を設けることが必要になってきます。

こちら

しっかりとした返済計画を立てていれば、後で返済に困ってしまうこともほとんどありませんので、このことは特に注意しておいてほしいと思います。次に挙げられる注意点が、どこの業者からお金を借りるかということです。利子やサービス内容などは、各消費者金融機関によってかなり変わってきます。出来る限りお得に融資をしてもらいたいと考えていらっしゃるのでありましたら、無利子の期間があるサラ金業者を選んだり、利子の少ない業者を選ぶことが大切になってきます。このようなことに注意することで、気持ちよくかつ安全に融資を受けることが出来るのではないでしょうか。



<<前のページへ   次のページへ>>