自営業主婦は、サラ金から借りられるか?

最近、専業主婦に対する、サラ金の貸付審査が厳しくなった、と聞いている。

専業主婦=無職=無収入、だから、借りても返すめどが立たないのが明らか、という判断になるらしい。

では、これまた最近流行の、SOHO主婦や、自営業主婦はどうなのだろう?

SOHOとは、在宅ワークを含めた、自宅で仕事をして収入を得る人のこと。

こちら

昔からあった、内職もそういう意味では立派なSOHOだし、東日本大震災を機に、テレワークといって、出社しないで仕事をする働き方の検討がなされるなど、「労働の形態」にも、広がりができている。

そういう意味で、SOHOは、立派な自営業のひとつのあり方であり、不確定でもそこそこの収入源であるならば、返済能力あり、とみなすことは出来るのではないか?と、考えるわけだ。

こちら



ここらへんは、想像で話をしても仕方ないから、思い切って、何社かに質問をしてみた。

サラ金の問い合わせ窓口嬢の説明によると、

「ご主人が自営で、億社間が従業員をされていて、お給料という形で収入がある方は、ご融資が可能かと思います。

こちら

パートでも同じです。」

ふむふむ。なるほど。

「ただし、お給料ではなく、生活費というかたちで受け取っている場合は、だめですね。無収入という判断になってしまいますから。

こちら



あくまでも、本人に稼ぎがある、ということが証明できなくてはいけないのだという。

そのためには、給料明細なども出せなくてはダメなのだそうだ。

本人が在宅ワークなどで収入がある場合も、収入が証明できないとダメということらしい。そういう意味では、主婦には敷居が高い感じがする。


さくらカード


<<前のページへ   次のページへ>>