賢く消費者金融を活用してみませんか

賢く消費者金融を活用してみませんか

消費者金融と聞くと、それだけで抵抗があったり、利息が高い印象があり、あまり良いイメージを持たれない方が多いのが現実かもしれません。

しかし賢く活用すれば、より人生が好循環に開けてくるものでもあります。

私はそのひとりですので、是非体験談を参考にしてみてください。

消費者金融は、たしかに利息は高いです。しかし業者によっては、初回利用の方に対しては特典として、一定期間あるいは一定額利息ゼロというものがあります。

これは導入には打ってつけでしょう。

そして活用するときは、「困っているから」ではなく、「キャッシュフローの一部として」活用します。

例えば、サラリーマンだと月1回の給与の受け取りが一般的でしょう。これだと、お金の流れがかなり硬直的になります。お金は動かせば動かすほど暮らしが活性化します。スピードが速ければ速いほどなおさらです。そしてまさに流れるような状態、フローが築けると、かなり人生が開けてきます。

こちら



もちろん、短期間では難しいでしょう。ある程度の経験も必要だと思います。それなりの資金も必要でしょう。

そこで、循環させるための繋ぎとして、まさに消費者金融の活用は有効に思いました。

私は導入として、初回特典で何社かを活用し、ある程度軌道に乗ってきたら、使い勝手の良い業者に絞って利用しています。

実際、流れるようなキャッシュフローが構築できれば、抵抗のあった利息もほとんど気になりません。

スピードとそれ以上のリターンを考えれば微々たるものです。

私も最初は抵抗のあったひとりですが、勇気を持って踏み出したことはとてもよかったと思っています。

今では、消費者金融に対して、抵抗もなければ恐怖もありません。

是非あなたも、消費者金融を賢く活用してみませんか。

過払い金請求に必要な「取引履歴」ってなんですか?

消費者金融に過払い金請求を行おうというときに、必ず必要となるのが「取引履歴」です。

こちら

これがないと、過払い金請求の実務は始まらない、と言われるほど重要な書類なのですが、つまり、これって、どんな書類なんでしょうか?

取引履歴は文字通り、これまでの顧客(つまり、あなた)と、消費者金融との取引の全てを記載したものです。取引開始から、現在までの、借入額、その額に対する金利、返済時の利息と元金の割合、残金、そのすべてが事細かに書き込まれています。途中で、追加融資を受けたとき、例えば返済期日を遅れて、延滞金がついたような場合や、返済が滞って、遅延損害金が加算されたような場合は、その時の金利や、実際の返済額などもすべて細かく記載されています。

実際に申し入れて取り寄せをしてみると、A4程度の何の変哲もない書類が届くだけですが、これが、非常に重要な書類で、入手しなければ返還を求めるべき金額も計算できないのですから、あだやおろそかにできません。

こちら

送付された取引履歴の金利を、正しい金利に直して、本来払うべき利息額を算出する「利息の引き直し計算」は、取引履歴が入手できて初めて行うことができるからです。

取引履歴は、取引をしている債務者本人が、直接消費者金融に対して請求することができます。電話でも、ちょくせつ出向いて申し入れても、書面などを郵送して頼んでも構いません。この場合、消費者金融は、個人情報保護法に基づく情報開示請求を受けたものとして、速やかに、債務者に取引履歴の送付を行わなくてはなりません。

手軽で身近にリーズナブルになった消費者金融

最近は消費者金融でお金を借りることが手軽になりましたよね。

明るいイメージのCMも多いので親しみやすくなりました。

以前は消費者金融というとサラ金と言われることも多くイメージも悪かったですが、最近は銀行が提携していたり審査もキチンとしていますし金利もとてもリーズナブルになったので安心して借りることができます。

最高金利でも以前の半分以下なので、借りる人にとっては金利が少ないのは嬉しいことですよね。

こちら



それぞれの消費者金融ごとに若干利息は違っていますから、比較検討は必須です。金利が高い所も30日以内に返済すれば無料という所もありますから、短期間だけ借りたい人には最適かもしれません。

ネットでは直接店舗に行かなくても申し込みも審査もできるので手軽で便利です。

申し込みも、ただ所定の所を打ち込んで埋めていくだけなので、とっても簡単です。審査も簡単で30分もあれば終わる所が多いので急いで借りたい人に嬉しいですね。最短1秒と宣伝しているところもあります。

審査はそれぞれ厳しかったり甘かったりしますから自分に合う所を色々調べて見ると良いでしょう。

キャッシュカードは信販会社のクレジットカード等と違うので年会費や手数料は一切かかりません。カードを使ってお金を借りなければ、ずっと無料ということになります。いつ使うかわからないから、と先に作っておくのも便利かもしれませんね。



<<前のページへ   次のページへ>>