借入二社目の金融機関としてプロミスを選びました

借入二社目の金融機関としてプロミスを選びました

私は、消費者金融から借入をし、現在も返済中の者です。

もともとの借入はアコムから行っており、限度額50万円での借入でした。奨学金の滞納していた額を一括返済するよう、債権回収業者から通達を受けたため、まとまったお金のない私は消費者金融機関を頼ったのでした。

奨学金の返済をしてもまだ借入額に余裕があったため、当時生活に余裕のなかった私は追加の融資を安易に受けました。そして気付けば限度額の50万円に達し、返済に追われるようになりました。

ある月、色々な支払いが重なったことがあり、アコムへの返済がどうしてもできなくなった月がありました。延滞することはどうしても避けたかったので、私はプロミスに借入をしました。

プロミスを選んだ理由は、審査に通りやすいということだけでした。結局10万円を限度額として融資を受けました。

プロミスで融資を受け、月々の返済額は4000円です。

こちら

月々4000円くらいなら楽に返せる、そう思ったら大間違い、そこが落とし穴なのです。毎月の返済額のうち5分の2ほどは利息として取られるため、毎月3000円にも満たない額が返済に充てられます。元金がなかなか減っていかないのです。

そして月々4000円の支払いが何年間もつづき、完済したとすれば実際には20万円ほども支払ったこととなります。消費者金融はこうして太っていくのです。

ただ一点、プロミスは他社にはないサービスを行っています。それは「30日間無利息キャンペーン」というものであり、借入から30日以内に返済を済ませれば、全くの無利息で借り入れができるのです。

ですから、借入から30日以内にまとまった収入が見込める人が「今この時だけどうしてもお金が足りない」という場合には、強い味方ともなってくれるのです。

消費者金融における様々なサービス

消費者金融のサービスには様々なものがあります。

こちら



例えば、振込みキャッシングや無利息期間、インターネット返済などです。

そこで、サービス別にお勧めの消費者金融会社を紹介したいと思います。

まず無利息期間サービスについてからです。

無利息期間を実施している消費者金融としては、プロミスとレイクが有名です。

プロミス、レイク共に初回利用時のみに無利息期間が適用されます。

プロミスはポイントサービスへの申し込みが条件となるので注意が必要です。

プロミスは30日間、レイクは30日間と5万円まで180日間の2種類があります。

レイクを利用する場合、30万円以下の借り入れなら5万円まで180日間を利用した方がお得となります。

次は振込みキャッシングについてです。

振込みキャッシングは手数料なしでインターネットから申し込むことができるのでとても便利です。

こちら



振込みキャッシングに定評があるのは、プロミスとアコムです。

プロミスは三井住友銀行、ジャパネット銀行の口座を持っていれば最短10秒、アコムも楽天銀行に口座を持っていれば最短1分で振込みが可能です。

アコムは、他の銀行の口座でも午前9時から午後2時半までに申し込めば、最短1分での振込みを利用できます。

最後は限度額についてです。

いざという時に備えて、限度額は大きいにこしたことはないと思います。

限度額が大きい消費者金融は、オリックス銀行など銀行系消費者金融が挙げられます。

オリックス銀行の限度額は最大800万円、他の銀行系消費者金融は最大500万円であることが多いです。

誰でも都合よく利用できるプロミス

そうですね、プロミスと言えば、三井住友フィナンシャルグループ系の消費者金融ですよね。今はテレビコマーシャルなんかでも大々的に宣伝してますから、知らないという人は、まずいないんじゃないでしょうか。

こちら

僕の友人なんかはいつもお世話になってますよ。プロミスさまさまです。

プロミスのキャッシングは、かなり人気のようですね。そのわけは、自動審査で1秒回答ということなので、それはそれは審査が早いです。いや、人気のわけはそれだけじゃありません。たとえば、50万円までの融資なら、申込から振込まで最短で30分という即日キャッシングです。もちろん、来店は不要。インターネットでチャチャッとできます。本当に簡単そうですね。

僕はこれまでにこういう消費者金融から融資を受けたことはないんですが、べつに悪いイメージを持ってるわけではありません。むしろ、急な出費のときに都合よく融資してくれるということで、本当に便利なものだと思ってるんです。僕自身、今はそれほど急ぐ出費はないんですが、そういうことがいつ来るか分かりませんから。どうしても消費者金融と聞くだけで顔をしかめる人がいますが、それはあくまでも風評というわけで、実際は誰でも都合よく利用できるものなんですよね。



<<前のページへ   次のページへ>>