消費者金融のモビットについて

消費者金融のモビットについて

銀行系消費者金融会社の『モビット』に関するコメントです。

モビットは銀行系消費者金融会社の1社です。三菱東京UFJ銀行(50%)とSMBCコンシューマファイナンス(45%)が出資をしています。異なる系列の金融機関が出資する珍しい消費者金融会社です。

モビットの特徴は金利が低金利(実質年率4.8%〜18.0%)である事。お借入可能限度額が500万円と高額な事が人気のある理由となっています。大きな額を借り入れたい方にとっては魅力的なラインナップになっています。

また、サービスも充実しています。

インターネットでは24時間いつでも申込受付が可能で、審査結果も10秒でわかるという、とてもスピード感のある対応が受けられます。

また、2012年3月現在ですが、全国のセブン銀行やイオン銀行などの提携ATMが10万台ありますので、必要な時に借入・返済が出来ます。ある意味日本中のどこでも不便なく、借入・返済すすることが出来ます。

また、振込キャッシングの対応もしてくれるので、ATMに行かなくてもキャッシングすることが出来ます。

こちら



このようにいつでも、どこでも借りる側が便利なサービスを提供しているのがモビットの最大の特徴だといえます。

それ以外にも、返済シミュレーションのサービスもあります。

利用している残高と契約内容を基づいて様々な返済方法をシミュレーションしてくれます。

モビットは安心して懲りる事の出来る消費者金融会社のひとつですので、お借入先のひとつとしてご検討下さい。

サラ金からお金を借りることに思う

景気が良くなくなってボーナスが当たり前に出なくなったときにお金が入らないのってとても不安に思いました。出ないボーナスをあてにしてもだめだと思ってなんとか現金が欲しいと考えていたので気軽にお金を借りれるサラ金と契約をしました。

電話や自動契約機で簡単に取引が開始できてその場で現金が出てくるのです。借金だという感覚がなくなってしまいました。

こちら

自分のお金と勘違いをしてしまってどんどん使ってしまいました。

1度借りてしまえば度胸が付くもので次々といろいろなサラ金の業者からお金を借りてしまいました。あっというまに借金は増えてしまったのです。後悔をしても始まりませんが我に返ったときはものすごい金額の借金を抱えることになっていたのです。

このように自分のせいで借金は増えていきました。借りたお金で遊興していたせいで悪いのは自分です。貸してくれたサラ金の業者が悪いわけではないと思います。

サラ金は私達消費者にとって気軽にお金を貸してくれる心強い味方です。間違った使い方をしなければとても助かるものであります。突然の出費や付き合いなどでお金が足りなくなったときに返せるめどが付いているときだけ借りるのであれば何の問題もなかったのかもしれません。

いざというときに役立つ消費者金融

普通に生活をしていても、急に大きなお金が必要になってしまったり、ローンを返済することが難しくなってきてしまったりと、お金に関する様々な問題が起こってしまうということが結構あります。

こちら

そんな時には、お金が無くて困ってしまうと思うのですが、そこで、消費者金融を利用するという選択をしてみるのも良いかもしれません。消費者金融と聞くと、あまり良いイメージをもたれない方が結構いらっしゃるとは思うのですが、消費者金融からお金を借りることは社会ではよくあることで、決して悪いことではありません。また消費者金融からお金を借りてしまって、さらに返済できなくなってしまうということを不安にしている方もいらっしゃるとは思いますが、消費者金融業者に融資をしてほしいと相談するときに、必ず適切なアドバイスをしてくださるので、まず返済できなくて困ってしまうというようなことはないと思えます。そもそも、返済してもらうことが難しいと思われるような方には、無理な融資を消費者金融業者側がおこなわないので、安全だと考えて大丈夫なのです。いざというときには強い味方になってくれるのが消費者金融です。お金に困った時には利用してみるのも一つの手かもしれません。

消費者金融と総量規制

それは確かちょうど、二年前くらいのことだったと思います。ある日、私が時々利用しているローンガードの利用枠の残高が、ゼロ円になってしまったのでした。

こちら

ATMで残高ゼロの表示を見て、私は、「何だ、これは?そんなはずはない。これは何かの間違いだ」と思いました。

また、ひょっとしたらこれは何かの犯罪に巻き込まれてしまったのではないだろうか、との心配の思いも心の中に湧き上がってきました。しかし、よくよく考えてみると、これはどうやら法律が改正されたせいではないだろうかと、ようやく思い当りました。法律に疎い私にはよく分かりませんでしたが、いわゆる総量規制というものでしょう。要するにそれまでとは違って、法律の改正によって年収の三分の一までしか借金はできなくなったのです。

その法律は、もちろん消費者金融も対象になります。というよりも、むしろ消費者金融をこそ対象にした規制と言えるでしょう。ですから金融会社からも事前にダイレクト・メールなどで、総量規制のお知らせが届いていたのです。しかし、私はそれをよく読んでいなかったため、突然の残高ゼロに驚いてしまったのでした。

それ以来、私は金融会社からのダイレクト・メールは、きちんと読むようにしています。



<<前のページへ   次のページへ>>