デビットカードとクレジットカードの違いとは

デビットカードとクレジットカードの違いとは

デビットカードとクレジットカードの違いについてご存知でしょうか?

どちらも買い物をする際に支払いに利用できます。
クレジットカードの場合はリボ払いや分割払いという支払い方法を選ぶ事ができます。
一方でデビットカードは口座にある金額の範囲内での即時決済となります。
そのため、デビットカードをいつでも使えるようにするには常に口座にお金を入れておく必要があります。

また、デビットカードは口座にあるお金で即支払いを済ませますので、クレジットカードに比べて信用がなくても持つ事ができます。
クレジットカードの場合ですと一時的に会社側が支払いを代行していますので、支払い能力があるかどうかを審査する必要があります。

こちら


そのためクレジットカードは誰でも持てるわけではないのです。

その他、カードを利用した時の特典なども基本的にはクレジットカードの方が優遇されています。
普段からカードを利用するのであればクレジットカードの方が間違いなく便利です。

サラ金のオンライン申し込みでは、契約書は出ないの?

インターネットと携帯電話の発達で、最近のサラ金の申し込み方法としては、圧倒的にオンラインでの申し込みが人気のようです。
なんといってもスピーディーであるし、ネットから申し込んでおいて、お金はオンラインバンキングで、口座に振り込んでもらえるとなると、人と顔を合わせての審査であるとか、やり取りの煩わしさも避けられる、と、良いイメージに感じておられる方が多いようです。

こちら


ところで、この、オンライン申し込みの場合、契約書は作られないのか?という点が気になる方もいらっしゃいますよね。
実際に、サラ金会社の申し込みサイトを訪問してみると、パソコンからの申し込みの場合、消費貸借契約書や、信用保証協会への加入に関する書面、電子契約に関わる合意、個人情報の取り扱いに関する書面、などは、電子発行することに合意を求められるようになっています。
電子発行とは、つまり、PDFで配るので受け取ってください、ということです。
携帯電話からの申し込みの場合、これらの書面は後から申し込んだ時の住所へ郵送されてくるようになっています。
元来、サラ金会社との消費貸借契約に関わらず、契約書は「「作らなくてはならない」と義務付けられているわけではありません。

こちら


文書に書かれていなくても、契約を結ぼうとする当事者双方が、合意したことで契約は「成立した」とみなされます。
口約束でも合意は合意、というわけです。
しかし、口約束だけでは、行き違いがないとは限りませんし、後日のために証拠として作成するのが契約書、ということなのです。

サラ金の限度額をアップするには?

サラ金でカードを作った際、その時のご自身の収入や他社からの借り入れ状態などにより、始めにまず限度額というものが設定されます。しかし、借り入れを繰り返す内に次第に限度額一杯になり限度額アップを申請しようとすると、拒否されてしまうことがあります。

こちら

同じような収入の友達は限度額が多いのに、なぜ自分だけ? と思った方も多いのではないでしょうか。実は限度額アップには収入や他社からの借り入れだけではない判断基準が存在するのです。
限度額をアップするには「返済実績」と呼ばれるものを作らなければなりません。これは何も難しいことではなく、ただ返済期限までに滞り無く返しましたという記録の積み重ねです。遅れや不足がなくキッチリと返し続けると、サラ金会社側であなたの信用度が蓄積されます。限度額アップまでの期間は大体半年程度を基準にしている所が多いようですが、この期間を過ぎるとサラ金会社の方から「限度額アップのお知らせ」等というメールが届く頃です。
借り入れを当初は中々限度額アップを申請しても通ることはないと思いますので、最低半年は気長に返済実績を積み重ねる必要があるようです。



<<前のページへ   次のページへ>>