消費者金融を利用する際に注意する事

消費者金融を利用する際に注意する事

最近の消費者金融は、安全で利息も下がりとても利用しやすくなりました。各消費者金融でサービスも趣向を凝らしており、どの会社を利用しようか迷ってしまうほどです。ただ、やはり消費者金融ですから、他に比べると利息も高く、借りすぎると生活に支障をきたす場合もありますので、計画的に返済を行うことは必要です。

覚えておいて欲しい事は、限度額いっぱいに借りない事、返済は遅れないようにする事、何か問題が起こったときは早めに消費者金融に連絡をとる事の3つです。

申し込みをすると、希望額とは別に限度額まで借りられるカードを渡されます。

こちら

このカードの中に入っているお金を自分のお金と勘違いする事が多々あります。私もそういった経験をして失敗した事があります。あくまでもカードの中のお金は借りているお金です。ここを間違わなければ、借りすぎて生活に困るような失敗もありません。

また、返済は遅れると利息が上乗せされます。普通でも高い利息をさらに払う事になります。完済までの時間も増えることになるので、絶対に遅れないようにしましょう。

それでも何かの理由で遅れてしまうことがあるかもしれません。

こちら

その時はまず借り入れをしている消費者金融に連絡を必ずとりましょう。相手も人間ですから、こちらが誠意ある態度をとると親身になって相談に乗ってくれます。信頼関係はどんな事においても大事な事だと思いますので、忘れないでください。

昔に比べて非常に利用しやすくなっている消費者金融ではありますが、ご利用はご計画的にの一言はいつでも変わりません。気をつけて利用してください。

過払い金返還請求に対するイメージについて

サラ金会社、クレジット会社に対する過払い金返還請求については、弁護士や司法書士に依頼することができますが、最近は、特にテレビCMや車内広告でも宣伝しているので、目にする機会が多くなってきました。

こちら

よく宣伝しているので、弁護士事務所や司法書士事務所は、その過払い金返還請求に対する成功報酬が、かなり多いのかなという印象を受けます。地方裁判所や簡易裁判所に提訴することは個人でもできますが、やはり、弁護士や司法書士に依頼した方が確実に戻ってくると思うでしょうし、一般の人は法律のことが分かりにくいと思いますので、専門家に依頼するのだと思います。しかし、着手金や、成功報酬を支払えば、戻ってくる額はどうしても減ってしまいます。

こちら

例えば、100万円が戻ってくることが分かった場合、成功報酬が20パーセントだとしたら、手元に残るお金は着手金などを差し引けば、4分の3しか残りません。どのくらいの成功報酬をとっているかは、それぞれの事務所で違うと思いますが、相場からすれば、かなりの額を弁護士、司法書士側が持っている印象を受けます。でも、利用者からすれば、それだけ支払っても、過去に支払ったお金の数十万円が何もせずに戻ってくるのですから、利用するのだと思います。しかし、ここ数年で過払い金請求が世間に広まりましたので、一巡した感があります。今後、まだどれだけ、その過払い金返還請求をする方がいるか気になるところです。



<<前のページへ   次のページへ>>