サラ金の金利は1日でも発生するの?

サラ金の金利は1日でも発生するの?

サラ金会社でサラ金を利用すると、借入金額とその利息分を返済する義務があります。
大手のサラ金会社のシステムは借入金額が増えるほど、金利の設定水準は下がっていきます。
そうは言っても、大金をサラ金してしまうと、返済するときの負担は重くなります。
返済時の負担を軽くしたいのであれば、必要最小限の金額をサラ金するべきです。
サラ金会社では利息支払いのシステムを、日割計算に設定してあるところがほとんどです。
日割計算は、借入金額に金利を掛けます。
そこから1年、つまり365日で割ってから、借入日数を掛けます。
この計算式で、利息支払いを知ることができます。
つまり1日でも早く完済、または借入金額を早く減らしていけば、利息負担額を抑えることができるわけです。

こちら


またこのようなケースは珍しいですが、サラ金を利用した当日に完済すれば、基本的には利息を支払わなくても良いです。
支払いを翌日に持ち越すと、翌日から金利が発生するからです。

銀行系、サラ金会社専業系の違い

サラ金会社を選ぶ際には、あなたの借り方や返済の仕方を熟慮して選んだほうが賢いです。
サラ金会社とひとくくりにしてもその戦略は千差万別で、業者はそれぞれの方法で顧客を獲得しようとしているわけですから、どのようなスタイル・理由で融資を受けたいのかによって、自ずと選ぶべき会社も違ってくるというわけです。
例えば、融資を受けたい期日までにまだ余裕があって、負債もほとんどないという方は、銀行が出資しているサラ金会社を選ぶといいでしょう。

こちら


銀行系の業者のおおまかな特徴としては、審査は厳しめですが、金利は比較的低いということが挙げられます。
それに加えて、銀行がバックアップしているということで社会的信頼や安心感が高いと言えます。
今すぐに借りたい、別のところに債務を抱えていて困っている、という方もいるでしょう。
そういう方は、サラ金専業の業者に相談してみることをおすすめします。
専業の業者の特徴としては、審査が早いことが挙げられます。
もちろん、最近では銀行系の業者でもスピード審査を謳うところが出てきましたので一概には言えませんが、審査の早さはそもそもサラ金専業業者が発展させたシステムですから、専業系のほうが一枚上手であるとみなしてよいでしょう。

こちら


また、他社からの債務をまとめることができるおまとめローンのサービスを展開しているところもありますので、債務が多くて困っているという方は相談してみましょう。
お金に困っているときはつい焦りがちになってしまいますが、各社の特徴をきちんと把握した上で、賢く借り入れを行いましょう。

学生がサラ金会社からお金を借りるには

まず学生がサラ金会社からお金を借り入れすることはできます。
しかし、18歳以上の学生に限定されるので、自動的に大学生か専門学生ということになります。
そして、借り入れをするにあたって、一定の収入がないと返済することすらできないので、バイトをしていることが前提になります。
ここまでが最低条件になり、あとはサラ金会社各社によって基準が変わります。

こちら


バイトで一定の収入がないといけませんが、その一定の収入が各社によって違います。
一定の収入というのが、10万円以上だったり、15万円以上だったりとしますが、この情報は開示されていません。
ですが、総量規制から考えてみても、年収の3分の1が最低借り入れ金額を上回っていれば、法律的にはなんら問題はありません。
総量規制と言うのは、サラ金会社からは年収の3分の1以上借り入れすることはできません、という法律です。
この規制は、一社に対してではなく、全てのサラ金が対象になるので、年収が100万円であれば年収の3分の1は33万円になります。
33万円が総量になりますので、1社から10万円借り入れすれば、他社で借り入れできるのは、最高でも23万円までとなります。



<<前のページへ   次のページへ>>