消費者金融の多重債務って何が起こる?

多重債務という言葉をご存知でしょうか?「債務が多数、重なっている」ということで、つまり、あちこちに複数の借金があって、同時並行的に返済をしているような状況がこれに当たります。そして、多重債務の状態に陥る人は、銀行よりも消費者金融の利用者が発生頻度が高いという傾向があるようです。

もちろん、銀行から住宅ローンと学資ローンを借りているような場合でも、「複数のローン」ですが、多重債務とは少し趣が違います。

こちら

多重という言葉がさすように、「借金を返済するために、他の金融業者から借金を重ねる」という状況に陥っている人を特にそう呼んでいるからです。

こちら



消費者金融からの借り入れは、大概、金利が割高という特徴があります。そのため、何かの原因で返済が滞ると、たちまち台所状況が悪化して、次々と影響が出てくるようになります。とにかく返済を続けようと思って、別の会社からも借り入れをする。

こちら

それが、焦げ付きそうになると、また、借り入れを重ねる、というような状況になると、利息にさらに利息が重なる形となり、いくら返済しても元本がちっとも減らない、という状態になってしまいます。

総量規制導入前には、失職などで収入が途絶して、このような多重債務状態に陥った果てに、自己破産に追い込まれるといったケースが急増しました。

こちら

そのため、総量規制を行うことで、貸し付けを抑制し、新たな経済破綻の原因が起こりにくくするというルールを導入するに至ったという経緯があるようです。多重債務には、実は、過払いが隠れている可能性もあります。本当に困窮しているのであれば、早めに法律相談などを利用するのも一つの手段といえます。



<<前のページへ   次のページへ>>