サラ金会社からの借金に時効はあるの?

サラ金会社からの借金に時効はあるの?

借金には時効が存在しています。
借り入れしている相手が個人の場合なら10年、借り入れしている相手がサラ金会社などの法人の場合なら5年と定められています。
この時効を成立させるには、抑えておきたいポイントがいくつかあります。
まず、いつから5年なのか知ること。
借り入れをしてから5年と考える人もいるかもしれませんが、それは間違いです。
正しくは、最後に返済をしてからになりますので、一度も返済していない人の場合は、最後に借り入れしてからの5年になります。
次に、5年間経ったからと言って自動的に時効になることはありません。
借り入れ先に自分の借金が時効になったことを通知しなければいけません。
相手に通知することが面倒と思ったかもしれませんが、実は意外と簡単にすることができます。

こちら


内容証明を送ればいいだけなので、弁護士や行政書士などに頼む必要もなく、書式に関してはインターネットで検索すればすぐに出てくるので、それらを利用すれば簡単に内容証明を作成することができます。

総量規制により守られる個人

現在は改正貸金業法でサラ金での借り入れ金額の上限が、年収の1/3までと定められています。
以前は規制がなかったため、多額の借金により生活が立ち行かなくなり自己破産する人が多かったのです。
これは返済能力を超えた貸付から個人を守るための法律なのです。
この法律のおかけで、個人での借り入れの時に返済が無理な額を借りることが出来なくなりました。

こちら


それでも車や家などの目的のためのローンの場合は、年収の1/3を超える契約になります。
そんな時にはどうしたら良いのでしょうか。
こういった目的のはっきりした借金の場合で、銀行での借り入れでしたらこの総量規制には該当しません。
銀行にはそれぞれ目的別にローン契約があります。
マイホームローン、マイカーローン、学資ローンなどです。
また、いくつかの会社での借り入れを、一つの会社で一本化するおまとめローンというものがありますが、この時合算することにより返済額を減らすことができる場合も総量規制が適用されません。
おまとめローンですと、一社でまとめることにより金利を低くすることができますから、返済額を減らせる場合があるのです。

こちら


サラ金での借り入れの際は、総量規制があるから安心とは一概には言えません。
大雑把に年収の1/3までと言っても、ライフスタイルが違えば人によって借りていい額、返済できる額は違います。
やはり借りる際には計画的に、自分が必要としている額、返せる額をきちんと見極めて利用することが肝心です。

任意整理とは

任意整理とは、貸金業者と交渉し、借金を毎月決まった額で分割払いで返済していく方法です。
今現在借金の返済が苦しく、しかし月々の返済額が少なくなれば返していくことが出来るという方にお勧めです。
特徴としては、今後の利息が原則カット(もしくは大幅に減額)されるというメリットがあります。
一般的には弁護士や司法書士に依頼し、弁護士費用の支払いを終えた後に和解が成立すれば借金の返済が始まります。

こちら


弁護士や司法書士費用は分割に応じてくれる所も多いので、今現在貯金が一円も無く困っている方でも利用することが出来ます。
さらに、弁護士や司法書士の方に着任頂いた時点で毎月の支払いは止まります。
次に支払いが始まるのは和解後なので、およそ3か月〜6か月程度は返済のために資金を貯めることが出来ます。
デメリットとしては、任意整理後およそ5年間はクレジットカードや各種ローンなどが利用出来なくなるということがあります。
そのため、任意整理を開始してからは計画的に貯金をし、突然の出費に備える必要があります。
しかし自己破産と違い官報に名前が載ることもありませんし、手続きの内容次第でローン支払い中の車も乗り続けることが出来るので、毎月の支払額を減らしたいという方にうってつけの方法です。



<<前のページへ   次のページへ>>