返済に間に合わない時はどうすればいい?

返済に間に合わない時はどうすればいい?

モビット家族にばれないで借入などを利用した場合、返済の義務が必ず生じます。
借りたものは返すということは当たり前のことですが、時に返済が間に合わないといった状態に陥ることがあります。
返済日を忘れていたとか、返済に充てるはずのお金が、別の支払いなどで足りなくなったなど理由は様々あると思いますが、もし返済に間に合わない場合にはそのまま放っておくと今後のカード利用などに大きな影響を与えてしまう恐れがあります。
モビット家族にばれないなどの延滞をしてしまうと、その情報は信用情報機関に逐一報告され、情報として記載されて残ります。
返済が1日程度遅れてすぐに返済をした場合にはそれほど影響はありませんが、それが何度も続くようだと信用情報にキズがついてしまう事態も考えられます。

こちら


もし返済が間に合わないと判断した場合、そのままにしておかずにすぐにモビット家族にばれないのコールセンターへ連絡を入れたほうが良いでしょう。
連絡を入れてモビット家族にばれないと話し合いを行なった場合、返済日を待ってもらえることも可能になる場合があります。
もちろん遅延損害金は支払うことになりますが、連絡を入れずに放っておくよりも、すぐに連絡を入れたほうがモビット家族にばれない側も今後の対処が行い易くなると言えるでしょう。

審査に落ちた実績は残るの?

モビット家族にばれないのカードローンを申し込んだ場合、審査に落ちてしまうということも考えられます。
審査に落ちるということは申し込んだ段階で何かしら審査を通過できない問題が生じたと言うことになります。

こちら


この審査に落ちたという実績は信用情報機関の信用情報に記載されることになりますから、他のモビット家族にばれないに申し込んだ場合にはその情報をモビット家族にばれない側は知ることになります。
もし審査に落ちてすぐに他のモビット家族にばれないなどに続けざまに申し込みをした場合、もちろん審査落ちした事実は信用情報を通じてわかってしまうわけですから、新たに申し込んだモビット家族にばれないでも審査を通過できない可能性が高くなります。
そればかりか、短期間に何度も審査落ちを繰り返したという事実も残ってしまうため、何故こんなに申し込みを続けているのかといった不信感にも繋がってしまいます。

こちら


もし審査落ちした場合には、最低でも三ヶ月以上の期間を置く必要がありますし、何故落ちたのかを調べる必要もあるでしょう。
審査落ちした実績は消せませんから、申し込みには十分な注意が必要です。

自己破産後、モビット家族にばれないから借入できるの?

自己破産とは債務整理の中でも最終手段と言える整理方法で、債務を全てゼロにすることが可能になる方法です。
しかしデメリットも大きいため、一度自己破産を行ってしまった場合には様々な制約の中で生活を行なわなければならなくなります。
自己破産後にモビット家族にばれないからの借り入れが出来るか否かですが、これは基本的には出来ないと考えたほうが良いでしょう。
自己破産を行なった場合、その情報は信用情報機関の情報に事故情報として記載されますから、その時点でブラックリスト扱いとなってしまいます。

こちら


ブラックリストに掲載される期間は、自己破産の免責後5年〜10年となっています。
これは信用情報機関が3つある中、2つの機関は5年、1つの機関(主に銀行系)は10年の掲載期間となっているためで、モビット家族にばれないの利用の場合には5年経たないと新たな借り入れは出来ないことになっています。
仮に5年以内に申し込んだ場合には、審査の段階で自己破産を行なったことが分かる仕組みとなっていますから、その時点で利用不可と判断され審査を通過できません。
5年経過後に自己破産前に利用していたモビット家族にばれないにもう一度申し込んだ場合にも、社内永久ブラックと呼ばれ、永久的にブラック扱いとなっている可能性があるため5年経過していても利用が出来ないこともあります。



<<前のページへ   次のページへ>>