プロミスは業界最大手で安心

アイフルは大手の中で唯一の独立系消費者金融

一昔前は、武富士・アコム・プロミス・三洋信販・新生フィナンシャル カードローンレイク・アイフルが消費者金融大手6社と呼ばれていました。

しかしながら現在では、武富士は更生会社になって融資部門はロプロに継承されてしまいましたし、三洋信販はプロミスに吸収され、レイクは新生銀行内のローン事業になっています。

こちら

残るアコム・プロミスも都市銀行の傘下になっており、消費者金融でいまだに独立系として事業を行っているのはアイフルだけです。

アイフルも他の消費者金融同様、インターネット(パソコン、携帯、スマートフォン)を始め、自動契約機、電話からのキャッシングの申し込みが可能になっています。

こちら

実は、契約やキャッシングの申し込みにインターネットを利用し始めたのは、アイフルが最初です。ちなみに、アイフルは店舗窓口での貸出は行っていません。

アイフルの大きな特徴は、返済期日が「35日サイクル制」と「約定日制」の両方から選択することが可能になっていることです。

こちら

「約定日制」とは、自分の都合の良い任意の日を返済日に指定してする方法で、「35日サイクル制」は返済した日の翌日から35日後が次回返済日となる方式です。

約定日制の場合は、指定日の10日前までがその月の返済期間となりますが、35日サイクル制では、返済期日の前であればいつでも返済可能なので、返済日をいくらでも前倒しにして支払うことができます。

こちら

当然、その分利息が減っていきます。

毎月の給料日が決まっているサラリーマンなら約定日制が適していますが、収入日が一定していない自由業のような人なら、35日サイクル制が便利になっています。


アメリカン・エキスプレス・インターナショナル


<<前のページへ   次のページへ>>