返済に間に合わない時はどうすればいい?

返済に間に合わない時はどうすればいい?

借り入れと返済を繰り返している中で、どうしても返済が間に合わないということもあるでしょう。
返済が間に合わないと言っても、そのままというわけにはいきませんから、まずはカスタマーセンターに問い合わせることから始めましょう。
その後の対応は会社や返済状況、さらにどういった理由で返済が間に合わないかによって変わります。
例えば転職や独立によって給料日が変わってしまったときなら、返済日を変更するなどの対応をしてくれます。
但し、何度も返済を滞納している人なら、また違う対応になるでしょう。
返済に困ったときは必ずカスタマーセンターに連絡して、その後の対応を決めていく作業が必要です。
もし連絡することもせず、返済しないで放置しておくと、今後サラ金会社からお金を借り入れすることも、ローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできなくなりますので、カスタマーセンターに連絡を入れることをオススメします。

こちら

特定調停とは

特定調停とは、借金に苦しむ債務者の保護を目的に設けられた債務整理手続きの一つです。
特定調停では簡易裁判所が債権者と債務者の仲介人となり債務整理手続きが進められます。特定調停は主にまだ支払う能力はあるがこのまま返済を続けても行き詰まってしまうことが確実である、という場合に選択される方法です。裁判所が仲介する手続きですから法的拘束力が強く、債務者にとっても安心して手続きを進められることができます。

こちら

厳格なルールに基づいて手続きが進められますから、極端な結果になることもありません。
特定調停を行うためには、債務者は裁判所に手続きの申し立てを行います。手続き自体はそれほど難しいものではないので、弁護士や司法書士などの代理人を立てず個人で行うことも可能です。
特定調停は債権者と債務者の話し合いによって進められる手続なので、両者の合意が無ければ成立しません。合意が成立した場合は裁判所によって調停調書が作成されます。調停調書は判決文と同等の効力を持つものですから、合意内容が守られない場合は差し押さえなど強制執行を行うことができます。
特定調停は借金を返済できるように話し合うことが目的なので、いきなり借金が棒引きになることはありません。

こちら

多くの場合、将来利息のカットや利息制限法の適用など、返済負担を抑えて債務者が無理なく返済できるプランの立案を目指すことになります。
特定調停は合意成立まで約1か月ほどで終わるスピーディーな手続きです。早めに債務問題を片づけたい方にはオススメの方法ですが、債権者が態度を硬化させてしまえば合意形成ができずに特定調停を成立させることはできません。

グレーゾーン金利とは

利息制限法という法律が定める利率と、出資法で定めている利率の間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれています。
利息制限法が定める上限を金利を超えた金利については無効になるとされています。
しかし、上限金利を超えたところで、それを罰する法律がないので、サラ金会社は上限金利を超えた貸し付けをしても問題はありません。

こちら


しかし、出資法で定められた金利を超えてしまうと、懲役5年以下、もしくは1000万円以下の罰金に処されるので、出資法の金利を超えるようなことはしません。
利息制限法と出資法の間の金利がグレーゾーン金利。
利息制限法を超える金利は返済する義務はありませんので、例え相手が訴えてきたとしても、何も恐れる必要はありません。
利息制限法を超えた金利については、法的保護が受けられないので、裁判になったとしても利息制限法で定められた金利を超える分については無効になります。
ヤミ金業者とはこれにあたりますが、まだまだ捕まっていないヤミ金業者がたくさんいます。
お金を借り入れる際は金利を確かめてから借り入れすることをオススメします。



<<前のページへ   次のページへ>>