消費者金融からの借入における除外と例外

消費者金融からの借入における除外と例外

貸金業法によって総量規制が敷かれたことで、消費者金融からの借入が年収の3分の1までしかできないことは周知されてきています。しかしながら、総量規制にも「除外」と「例外」があることを知っている人はあまりいません。

「除外」というのは、総量規制に「含まれない」もののことです。例えば、住宅ローンやサラ金など目的が明確で、低金利・長期間にわたって定められた額を返済していくものは除外となっています。従って、仮に年収300万円の人が消費者金融から100万円のサラ金を組んでいたとしても、別途に100万円のキャッシングをすることは可能です。

こちら

ただ、審査に通るかどうかは消費者金融次第です。

一方、「例外」は除外と違い、総量規制の金額枠に「含まれます」が、総量規制の枠を超えて借り入れることが認められるものです。例外として認められるのは、「緊急の医療費の貸付」、「社会通念上、緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付」、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付」などがあります。

ちなみに、「顧客に一方的に有利となる借り換え」も例外となっているため、例えば、年収300万円の人が100万円の借入をしている場合、「おまとめローン」を利用することによって、顧客に一方的に有利となる借り換えになる場合は、年収の3分の1を超える金額になったとしても、例外として扱われます。

こちら



ただし、おまとめローンも総量規制の金額には含まれるので、おまとめローンを利用した後の借入は、年収の3分の1以内にローン残高が減るまではできません。

消費者金融は急な出費の時には助かるもの

消費者金融を利用する時はどんな時かというとやはり、急な出費というものが必要になった時なのではないかと思います。

こちら

こうした出費というものは予期しないものが多く困ってしまうということもあると思います。こうした時にとても助かるものがやはり、こうした消費者金融を利用するということなのではないと思います。消費者金融もこのように小額で利用するということであれば、とても助かるものであり返済をしていくということでもとても困ることではないのではないかと思います。これからの世の中ではよりこうした消費者金融というものが多くの人にとってもとても助かるものなのではないかと思います。

こちら

消費者金融は利用の仕方でとても助かるものであり、素晴らしいシステムだと思います。借りる際にはしっかりと金利も計算して借りなくてはならないと思います。最近では法律の規制できちんとしている所ではそんなに高い金利はとてれないようになっていますが、それでも金利というものの利率をしっかりと計算しておくということが返すと時にスムーズな返済というものを可能にしていくのではないかと思います。お金というものはとても必要な大切なものなのでこうしたお金を借りるということは返済する責任というものを果たさなくては絶対にならないものだと思います。



<<前のページへ   次のページへ>>