消費者金融の原点を考える

消費者金融の原点を考える

庶民に「無尽」という言葉が浸透した時期がありました。これは貧しい者たちが少額を出し合って、集まったお金は結構大きな買物が出来るようになります。つまり、皆でお金を出し合って、高額な商品を順番で購入しようという庶民の知恵です。その底辺にはコツコツとお金を貯蓄する精神があります。

その次に「割賦販売」制度が普及する時代がきました。

これは高額の買物をするのに、コツコツお金を貯めて購入可能な額まで貯った時に購入するのに月日がかかります。貯めて購入するのならば、そのことを契約して先に商品を渡して、その後コツコツと分割して支払っていくことです。収入の少ない国民はこの制度で、欲しい高額商品を購入しやすくなり、高額商品を楽しむことが出来るようになりました。

この割賦販売が成就した頃に少額のお金を貸してくれる会社が出現しました。それ以前はお金を借りる所は銀行がお決まりの所でした。しかし、一般国民が少額のお金を借りる制度はなく、商売をするとか住宅資金を借りるとか、非常に高額のお金を貸してくれる所であり、借り入れ目的もはっきりした場合に借りる所でした。

こちら

一般国民が日常生活でお買物をするために借りる所ではありませんでした。

銀行では借りることの出来ないお金を借りることが出来るのが消費者金融ということでスタートしたと考えます。

要するに、日常の買物の用に足りるお金ですから、購入商品を特定せずに借りることが出来るのです。

そして、無尽、割賦販売のように「コツコツと貯める」精神を便りに貸してくれるのです。この精神を忘れてはいけません。従って、借り入れ限度額も自分でコツコツ貯めることの出来る範囲で消費者金融を利用するべきです。

国民の健全な消費活動の役にたつ制度として消費者金融を利用することが最も大切なことです。

消費者金融とは無条件にして無制限にお金を貸してくれる所ではありません。

消費者金融でお金を借りています

小さい時から浪費癖があって大人になった今でもその癖があります。

こちら



欲しい物は買ってしまいますし、お金の計算が得意ではないので支払いに追われる事も多いです。

そういう時には消費者金融のローンを利用してお金を借りています。

私の場合、返済額は月々1万円で借入額が減っていけば毎月の返済額も減少する感じです。

月々の返済額が少ないので給料から毎月差し引くような感覚で決まった日時に支払っています。

ボーナスが入った時は早く返済したいので、いつもより多く早期返済する事もあります。

借りたい時は消費者金融に電話をして口座に入金してもらうか、家の近くのコンビニATMから引き下ろす事ができるので便利です。

リボ払いのような返済方式なので、それに応じて支払利息も払う必要があります。

利息に関しても消費者金融側で自動的に計算してくれます。

支払利息が返済額を超過して元本が返せないという形にはなりそうはないので安心できますが、借入額が多いと利息も多くなりますので気を付けなければいけないと思います。

こちら



お金が足りなくて悩むよりかは、消費者金融を利用してお金を借りた方が上手くいく事が多いですし、借りた後はお金の計算をしっかりと行って、どのぐらいの期間で返すかの返済計画を自分で計画するようにしています。

これからは頑張って仕事をして、お金に困った時は消費者金融を利用して、それ以外の時は節約をして消費者金融への返済を完済させて少しでも貯金しようと考えています。

お金を借りる手順について

日常生活を送っていて、ちょっとお金が足りない、という経験は誰もが経験したことあるでしょう。

そんな時、「消費者金融」を使うと非常に便利で、生活の幅が大きく広がります。

しかし、これまで「消費者金融」を使用した事のない人にとっては、不安も大きく利用に二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。

「消費者金融」などでお金を借りる場合、業者によって多少は違いますが、だいたいの流れは共通しています。

こちら



「消費者金融」でお金を借りる場合、まず、「申込」を行います。

「申込」は基本は店頭で行うのが一般的ですが、最近ではインターネットや街中のCD(キャッシュディスペンサー)やATMなどでできる場合もあります。

「申込」が終わった後は、業者の審査を受けることになります。

「審査」の基準も業者によって違ってきますが、基本的には申込者の返済能力を測って、融資が可能か、いくらまでの融資が可能か?ということを判断します。

「審査」の結果は、申込者の属性(氏名、年齢、住所、職業、連絡先、家族構成、借入状況など)を総合的に判断して決められます。

業者の「審査」に通れば、実際に「融資」を受けることができます。

なお、「審査」は場合によっては時間がかかってしまうこともあるので、事前にインターネットなどで「仮審査」を受けておくと店頭での「審査」がスムーズに進むと言われています。


楽天銀行


<<前のページへ   次のページへ>>