サラ金会社から借りていると住宅ローンに影響ある?

サラ金会社から借りていると住宅ローンに影響ある?

サラ金会社からお金を借り入れしているだけでは、住宅ローンに何ら影響はありませんが、サラ金で返済を滞納したりするなどの金融事故があると影響が出てきます。
クレヒスという言葉をご存知でしょうか。
クジレットヒストリーという言葉の略語になります。
これは、過去にどんなところからお金を借り入れして、どのように返済してきたか、現在の借金状態など全てが記載されているものになります。
クレヒスに金融事故として記載されてしまうと、住宅ローンを組むにも、マイカーローンを組むときも、お金を借り入れする一切の事柄についてマイナス方向に働きます。
逆に30歳を超えて、クレヒスに何も記載されていないと、スーパーホワイトと言って、ローンを組むことができない場合もありますので、そういった場合は、審査が甘いとされる、クジレットカードを作るところから始めるといいでしょう。

こちら


サラ金会社に関わらず、銀行などからお金を借り入れて、返済しないと金融事故扱いになりますので、借り入れするとき計画的にすることが大切です。

サラ金利用の前に知っておきたい審査のこと

サラ金を利用するにあたって、気になるのは審査なのではないでしょうか。
審査とはサラ金の申し込みを受けた金融会社が、融資を行なって大丈夫な相手なのか、いくらまでなら融資することができるのかを判断するための手続きです。
申し込みを受けた金融会社は申込内容をもとに審査を行います。

こちら


審査では前段として申し込み書類や本人確認書類、収入証明などに基づいて、年齢、職業、収入の項目をチェックします。
さらに信用情報機関に照会し、借入の履歴と金融事故、直近の申し込み状況等の情報を確認します。
審査の基準は各社様々と言われていますが、借入額が収入の1/3を超える場合は融資を断られるのが通常、また金融事故の履歴があると融資はまず難しいと言われています。
また、短期間に何度も融資の申し込みを行うと審査が通りにくくなったりします。
信用情報機関は3つあり、銀行の融資情報が登録されている「全国銀行協会」、主にクレジットカードの情報が登録されている「シー・アイ・シー」、主にサラ金やサラ金の情報が登録されている「日本信用情報機構」があります。

こちら


これらの信用情報機関は情報を登録されている本人が申告することで、登録情報を開示するサービスを提供していますので、自分の情報が気になる方は、サラ金の申し込みの前に開示請求してみるもの良いかもしれません。

個人民事再生を使って家を残すことも可能です

借金で首で回らなくなった場合、ほとんどの方が自己破産を考えるはずです。
しかし自己破産だと自分の資産は原則清算され、持ち家などもすべて失うことになるでしょう。
でも持ち家を失わずに借金の額を減らせる方法があるのです。
それが個人民事再生という制度です。
まだ法律が整ってから10数年しか経っていない制度ですが、年間20000件ほどの申し立てがありますので、結構知名度上がってきていると言えます。

こちら


肝心の制度の内容ですが、裁判所が債権者との間に入ってくれて自分が払えるくらいの金額に借金の額を減らす交渉をすると考えれば良いでしょう。
ただし誰でもこの制度が利用できるわけでなく、一定で定期的な収入があることが最低限必要になります。
でも自己破産と違って持ち家の処分などをする必要が無いので、家族に迷惑をかけること無く借金を減らせることは十分なメリットといえるはずです。
しかし、信用情報に事故情報として掲載されるので、個人民事再生後、5〜10年記録として残ります。その間は他からの借入はまずできないと考えましょう。
今は弁護士に依頼すれば簡単に手続きができますし、裁判所に相談しても良いでしょう。
自己破産を考えているなら、まず個人民事再生ができないか確認することをお勧めします。



<<前のページへ   次のページへ>>