消費者金融の必要性と借りることの難しさ

消費者金融の必要性と借りることの難しさ

町金とか言われていたころと違い今は消費者金融というものはかなり国民に認知され一般化してきています。

テレビやインターネットでのCMは見かけない日はありません。ただ、一般化されてきていることに反して借りにくくなってきているのも事実です。

こちら

総量規制の問題もありますがそれ以上に消費者金融自体がかなり財政的に弱体化してきていることから審査が強化されてきているのではないかと想像します。

広告には審査は簡単の様な事を謳っていますが実際は厳しくなってきているのではないでしょうか?そして、たとえば融資を受けようと消費者金融に申込み、それが不承諾になった場合でも、申し込んだという事実が信用調査会社の履歴に載ってしまいます。

こちら

そうすれば、ますます借りられなくなるといった事態に落ち込んでいる人が多いのではないかと思います。

しかし、これは消費者金融会社に非があるのではなく、まずは総量規制にあるのではないでしょうか?確かに多重債務をなくすために規制をひかれたのですが、そのために闇金や債務整理にはしる人が増えてきているのが事実です。

こちら



銀行においては、総量規制がない代わりに貸し出し審査が厳しいし、何度も銀行に足を運ばねばならないわずらわしさがあります。

こちら



もともと、消費者金融はお金を借りたい人の、そのわずらわしさから解放して発展してきたのではないでしょうか?

銀行系の消費者金融もあります。銀行はバブルがはじけ国民の税金から公的資金をかなり注入してもらっています。今こそお金を借りられない国民のために正義をもって動いてほしいと思います。



<<前のページへ   次のページへ>>