消費者金融について

消費者金融について

消費者金融に関する記事を書きます。

現在は様々な企業がカードローンサービスを提供しています。

クレジットカード会社や信販会社が提供する信販系カードローン、消費者金融会社が提供する消費者金融系カードローン、そして最近増えてきているのが銀行が反抗している銀行系カードローンがあります。

その銀行系カードローンの中でも、みずほ銀行カードローンについて紹介をしたいと思います。

みずほ銀行カードローンはその名の通り、大手都市銀行のみずほ銀行が運営しているカードローンです。

みずほ銀行カードローンの特徴は最高金利が低率である事と最大貸与額が多きい事がポイントです。

まず、最高金利についてですが14.0パーセントの料率となっていますので、銀行系カードローンとしては最も低い部類にはいるのではないでしょうか。

こちら

また、最大貸与額ですが1,000万円の大台になっています。カードローンとしては業界初といわれています。また、同様の銀行系カードローンを運営している、三菱東京UFJ銀行であるとか三井住友銀行は自行のグループ会社に消費者金融会社を有しており、そこが保証会社となっています。しかし、みずほ銀行にはグループ内に消費者金融会社が有りませんので、信販会社であるオリエントコーポレーションが保証会社になっています。よく見ないと分からない事かもしれませんが、このあたりが異なっております。

こちら



また、みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合はカードローンの適用金利から0.5パーセントの引き下げが有りますので、お得です。

それからみずほ銀行のカードローンは2種類あります。

ひとつは普通預金兼用カードでもうひとつが今回のみずほ銀行カードローンですので注意が必要です。。

みずほ銀行カードローンの基本情報を下記に記載します。

■金利4.0パーセント〜14.0パーセント

■限度額1,000万円

■審査期間審査は最短で即日です。

■借入方法店頭やインターネット、みずほダイレクトからの申し込みを受け付けています。

借り入れをコントロールすることがとても重要

皆さんは消費者金融でカードローンのカードを作ってキャッシングをしたことがありますか。

こちら



消費者金融はクレジットカードや信販系のカードに比べると比較的簡単にカードを作ることができます。とは言っても審査がありますので、すべての人が審査がOKになるわけではありませんが、年収と他社の借り入れ状況等を勘案して借入枠が決定されるのだと思います。

いずれにしても借入枠が確保できれば、その枠内であれば何度でもキャッシングをすることができます。銀行のATMでも借りることができますので、まるで自分の口座からお金を引き落とすのと同じような感覚でお金を借りることができます。

カードを作ってから、借り入れをコントロールすることがとても重要です。

こちら



人はお金が使えれば使えるほど利用してしまう生き物です。これぐらいは良いだろうを繰り返すことで、泥沼にはまってしまうことも少なくありません。

但し、借りすぎをしてしまうと金利の負担が大きなります。返すのが非常に大変になりますので、注意が必要です。

また返済計画もきちんと立てることがとても重要です。計画的に返済をしなければ、返しては借り、返しては借りを繰り返すことになり、返済期間が長期化してしまう場合があります。

その結果、多くの金利分の金額を払うことになりますので、注意が必要です。

そのようにならないためにも、ATMを使ってこまめな返済をお勧めいたします。元金の圧縮につながり、金利の支払額を圧縮することになります。



<<前のページへ   次のページへ>>