迅速で手軽な融資の消費者金融。

迅速で手軽な融資の消費者金融

実際の話、僕はこれまでに消費者金融業者から融資を受けたことがありません。ですからあまり立ち入ったことは言えないのですが、どういうわけだか僕の回りの人たちは、こういう業者にお世話になっている方も多いです。けっこう親しくしている仲ですので、消費者金融のこともいろいろと話を聞いています。

まず、一般的に消費者金融と呼ばれている業者は、すべて法律に基づいて、内閣総理大臣や都道府県知事登録を受けています。なかなか良いイメージがない消費者金融ですが、それはあくまでもドラマなんかの影響ですね。

こちら

実際には法的にも正当な方法で営業をしているわけです。

どうしても僕たちは、融資を受けるときには、銀行や信販会社、クレジットカード会社などを選んでいます。しかし、逆にどうして消費者金融を選ぶ人がいるのでしょうか。それは両者が持つ特徴に関わってくるのですね。たとえば融資を受けるときに担保が必要か、そうでないか、ということが一つにはあります。そうですね、消費者金融ではこの担保が必要ではないんです。

消費者金融のいいところは、やっぱり迅速で手軽な融資にあるのではないでしょうか。

こちら

わずか数十分で審査が完了し、融資を受けることができます。ですからすぐにお金が必要だ、という人には最適ですね。

働いている人が怖かった

私は、とある登録制のアルバイトに登録していろいろな仕事をしていた時期があります。そこで、ポケットティッシュ配布のアルバイトを紹介してもらいました。その仕事先が、アイフルだったことがあります。何回か、別の仕事先で同じ経験があったので、あまり抵抗もなく働く気持ちでアイフルへ向かいました。

その店舗で働く社員の方々の感じの悪さにびっくりしました。

こちら

朝の挨拶をしても、特に返してくれることもなく、黙々と仕事をしている感じでした。朝の挨拶は、一日を気持ちよく始めるため、また社会人として当然のことではないでしょうか。接客業の方は、お客さん以外は人間扱いしてくれないのかと、ショックでした。

そして、社員の方に案内され、今日の分だとティッシュの場所を教えていただきました。別に、頑張ってというようようなことを、言ってもらおうとか期待はしていませんでしたが、暗に「さぼるなよ」という意味合いで、今までさぼっていた人の話を聞かされ、これもまたショックでした。

こちら

それでも、その日一日は、ちゃんと頑張ろうと決めて、仕事に取りかかりました。

街角で、ティッシュを配っている私にも、アイフルのイメージがかかっていると、自分の意識を高めるよう笑顔で元気よく配りました。ねぎらってくれる年配の方の声などに、安堵感がありました。

お昼の休憩に行く時も、みなさんが休憩を取られていなかったので、行きづらかったです。休憩に行く時も、帰ってきた時もやはり何の挨拶もありませんでした。

その店舗がたまたまそういう雰囲気だったのかもしれませんが、その一件があり、アイフルにはあまり良いイメージがありません。



<<前のページへ   次のページへ>>