消費者金融の歴史と家族の利用体験

消費者金融の歴史と家族の利用体験

現代の消費者金融会社の特徴に、「審査までの時間が短い」「借りる手段が簡略化した」ということが挙げられます。

昔はお店に直接、顧客が来店し、ほぼ面接のようなことが行われていました。それは貸す方としたら当然でしょう。

素性もわからない、果たしてこの人が返済能力がある人なのかどうか、ということは、その人本人を窓口にいる社員が見て、それで判断していたのです。つまり、今のようにインターネットが普及していない時代は、社員の「人を見抜く目」で融資が行われていました。

しかし、昨今ではお店に来店することなく、誰でも融資を受けることができるようになりました。

インターネットやスマートフォンの普及によって、家から来店不要で審査を受け、審査に通れば問題なく、町中にあふれたATMから直接、お金を借りられるよういなったのです。

こちら



私の父もたまに使っているようで、給料前になると、なぜか会社での付き合いが増え、それに伴って出費も増えるのだそうです。そんな時、消費者金融会社のATMで会社の昼休みに借りることで、その日の夜、飲み代やその後の交際費の足しにしています。

また、弟も利用しています。弟はバンド活動をしており、その関係で打ち上げや飲み会が非常に多いのです。

若い頃からそうだったのですが、結構、借りる頻度は多かったように思います。バンドの打ち上げなどでお金が必要な時、お金を借りています。急な入用の時が多い職業の人ほど、消費者金融にお世話になる機会は多そうです。

消費者金融は一本化できる

消費者金融から融資を受けている方の中で、色々な消費者金融業者から借り入れをしているという方がいます。

こちら

色々な業者から借り入れ出来るようにしておくと、融資の額が増えるのでいざという時はいいですが、返済が滞ってしまった時には毎月のやりくりが非常に大変になります。毎月金利が分かれて発するので、その分沢山の金利がかかってきてしまうのです。

そんな時に便利なのが、消費者金融の一本化です。A社から10万円、B社から15万円、C社から8万円の借金がある場合は、毎月金利を18%としたら、毎月A社に18000円、B社に27000円、C社に14400円、合計59400円の金利が発生するのですが、一本化すると借り入れの金額が増えるので、金利がそれまで下がることが多いのです。なので、金利が安くなるというメリットが生まれるのです。更に、返済額も一本化されると1/3で済みますので返済が非常に楽になるのです。

又、何社もあると毎月返済の計算がややこしくなりますが、一社だと簡単なので、返済の計画が立ちやすいというメリットも考えられるのです。

こちら



以上のように様々なメリットが考えられるので、なるべくなら借金は一本化したほうがいいと考えられます。しかし、一本化するということは返済期間が延びるということになりますので、お金に余裕がある場合には、繰り上げ返済をしてなるべく早く返済してしまうということを常に意識する必要性が出てきます。早く返してしまうということが一番求められるのです。

サラ金の事前審査

サラ金のご利用にあたってはまず申し込みから始まり、その後審査がありますが、この審査には主に2段階あります。それは最終的な審査は本審査とも言いますが、その前に事前審査と言われるものがあるという事です。

 この事前審査とはどういったものかといいますと、各サラ金に異なるとお考えますが、基本的にはインターネットで簡単な必要情報を入力し、それに基づいてそのサラ金からお金を借りられそうかどうかを、判断するというものです。

こちら

時間はほとんどかからず、すぐにできるとても簡単な審査です。

 ただしこの際の審査結果というのは大体の結果であって、それで必ずしも決定というわけではないのです。つまりこれで受かれば100%けっていというわけでもなく、逆に落ちたからといってそのサラ金からはもう借りられないというわけでもないのです。

 特に後者の事に関してですが、これは例えば実際に店舗に行ってみると審査結果が変わるという事も、決してないわけではありません。

 それは事前審査は基本的にはインターネットで行われるところが多いと最初に書きましたが、その際に利用希望者の方の詳細な情報が伝えきれないという事とも関係しています。

 なので仮に事前審査に落ちたとしても、あきらめずにねばってみて下さい。



<<前のページへ   次のページへ>>