軽い気持ちで消費者金融に手を出すのはやめましょう。

軽い気持ちで消費者金融に手を出すのはやめましょう

私は過去に消費者金融に借り入れをして人生を諦めようかと思った経験があります。

よく聞く話かもしれませんが、原因はギャンブルです。

初めはギャンブルで負けて生活が困難になり、食費や光熱費などの補填で借り入れをしました。

仕事をしていましたので、最初の借り入れは給料日に一括で返済して終わりでした。

それが最悪の始まりでした。

借り入れをしても給料で簡単に返せる、と思ってしまったのです。

ギャンブルで負けては借り入れをする。そんなことを繰り返すうちにギャンブルをするために借り入れをする、という馬鹿なサイクルの中に入っていました。

返済が厳しくなってくると他の消費者金融から借り、別の所に返済。

いわゆる多重債務というものです。

こちら



そのうち、給料日には利息を返すことで精一杯になってしまい元金は全く減らない状態。

何も身にならないお金を10万円近く支払う。

ある時保険や年金、滞納していた光熱費などがまとまって請求されました。

返済金額とそれらを合わせたら私の一ヶ月分の給料を超えています。

ついにパンクしました。

返済を延滞し、生活も出来ない。他の消費者金融に頼んでも借り入れできず、友人や両親に頼る。

両親の信頼をなくし、ついには友人も離れていきました。

お金の事で人を失うという最悪な事態になってやっと自分の状況を振り返ったのです。

最悪です。

自分には生きる価値がない、とカッコいい文句を垂れる内はまだ大丈夫です。

こちら



生活が出来ないのです。生きたい、と思っても先立つものがないとどうしようもありません。

私は最後には弁護士さんを頼りました。

初めは数万円の生活費。

お金に対する意識の低さがこの事態を招いたのでしょう。

消費者金融を使えば簡単に現金が手に入ります。

でももう一度考えてください。

本当に必要なお金ですか?どうにかなるではないでしょうか?

頼れる親や友人は居ませんか?日雇い日払いの仕事もたくさんあります。

もう一度真剣にお金について考えてみませんか?

過払い金返還請求のヤマは「減額交渉」!

消費者金融に過払い金請求を行った場合、ほとんどが、全額の返還には応じてくれません。

こちら

悪くすると、バックレて逃げようとするところさえあるのが現状です。

これには、消費者金融の台所事情の悪化も大きな影響を及ぼしています。

貸金業法が改正されて以降、消費者金融は冬の時代になっています。ひとつは、資本金の増額が必要になったことと、もう一つは、法改正によって、多くの過払い金請求者が、それぞれの取引先である消費者金融に殺到したことによります。

大手の消費者金融だった、武富士の破綻はまだ、記憶に新しいことでしょう。同様に、どこの消費者金融でも、過払い金請求によって、経営が傾く危険ははらんでいる、ということです。

そのため、多くの消費者金融は、過払い金の金額を何とかして減らしてもらおうとします。そこで、請求者であるあなたが「いくらならいいのか?」を決める必要が生じてきます。

このあたりは、請求するあなたの態度次第とも言えます。

こちら

ただし、「何が何でも全額耳を揃えて返してもらおう!」という態度で当たれば、相手も間違いなく、態度を硬化させてきます。そうなれば、訴訟で決着をつけるしかなく、時間も手間も費用も増えることになります。

もちろん、訴訟になれば、独力で対処するにも限りがあります。請求金額によっては、少額訴訟が利用できなくなり、地裁案件となって、裁判そのものも長期化するでしょう。

そうなれば、仕事を休んで裁判に勤しむわけにもいかなくなっていくと思われます。

多少減額してでも、とにかく、解決を急ぎたいというのであれば、満足できる程度の金額まで、交渉を繰り返して、残りは債権放棄をするのもひとつの方法です。

債権放棄をした場合は、その分は損害金額として、確定申告で所得から差し引いてもらうこともできます。



<<前のページへ   次のページへ>>