消費者金融からの借金の時効について

消費者金融からの借金の時効について

消費者金融から借金をしていて、時効が成立して借金をチャラにできればラッキーと、お考えの方も中にはいるかもしれません。
ここでいう時効というのは、正式名称は消滅時効と言って、今まであったものが文字通りなくなってしまうケースの時効を指します。確かに法律上、消費者金融からの借金にも時効というものがあり、これは5年と定められています。
したがって、消費者金融から借金をして、これを返さないまま5年が経てば、もう返す義務はないのじゃないかと単純に考えてしまうのは禁物で、世の中はそんなに上手くはできてはいません。
業者の方も、こんなことは当然知っているわけで、時効にかけないための幾つかの手段を取り揃えています。一番手っ取り早い方法は、時効の中断という方法で、たとえば、内容証明郵便を送って、その後に裁判上の請求を行うこととか、支払の猶予の申し出を書かせて、借金をしている事実を承認させるなどの方法により、時効はストップしてしまいます。

こちら


ですので、事実は事実として、時効は5年と決められてはいますが、そんなに簡単に時効が成立することはないと考えて、きちんと支払いを行うようにした方が賢明です。

複数社同時に申し込むと不利?

消費者金融への借り入れ申し込みを複数社同時に行うと不利になるのは事実です。
消費者金融に対する借入申し込みや実際の買い入れ金額などの情報は、個人信用情報として業者間で共有されている情報です。消費者金融業者は借り入れの申し込みがあった時は必ず個人信用情報をチェックし、金融上の問題が無いかどうかを確認して判断を行います。

こちら


なお、個人信用情報はCIC((株)シー・アイ・シー)、全国銀行個人信用情報センター、JICC((株)日本信用情報機関)の3つの機関が管理しており、そこに照会することになります。
もし複数社同時に借り入れ申し込みをした場合、その申込み記録は即座に個人信用情報に記録されてしまいます。消費者金融業者は貸し出しに際してきちんと返済してくる安全な借り手であるかどうかを基準に判断を行いますから、一度に複数社に借り入れ申し込みを行うような人物は大金を借りたまま返済を焦げ付かせてしまう可能性が高いと判断し、借り入れ申し込みに対して拒否という選択を取ります。
たとえ借りたお金をきちんと返済できるだけの経済力があったとしても、一度に複数社に借り入れ申し込みをしてしまうとその事実だけで信用を損なってしまうことになります。

こちら

保険のつもりで複数社に申し込みをしてしまうと、借りられたはずのお金も借りられません。消費者金融に借り入れを申し込むのなら、一度に一社ずつ申し込むのが鉄則です。
なお、審査に落ちた履歴は半年間残り、その後消去されます。

審査に落ちた実績は残るの?

消費者金融業者が最も警戒するのは貸付金の踏み倒しであり、貸したお金が返ってこない可能性がある場合は借り入れ申し込みを拒否することになります。貸したお金をきちんと返してくれるかどうかを見極めるために行われるのが申し込み時に行われる審査であり、審査で返済が滞る可能性があると判断されれば貸し付けは行われません。

こちら


金融機関は信用情報機関という金融に関する情報を記録する機関を通じて相互に情報を共有しており、自社以外に申し込んだ事実なども把握しています。消費者金融に対する借り入れ申し込み実績は審査を通過したものだけではなく審査に落ちたという情報も全て記録されており、審査に落ちたから記録されないということはありません。
審査落ちの実績が記録される期間は6ヶ月が目安です。一度でも審査に落ちてしまったら、その後6ヶ月は新たな借り入れ申し込みはできないと考えたほうがよいでしょう。もし6カ月たたないうちに何度も新たな借り入れ申し込みをしてしまうと、資金繰りに焦る危険な人物と消費者金融側に判断されてしまい、その後も審査に落ちてしまう可能性は高くなります。6ヶ月を過ぎれば記録は消えますから、改めて位置から審査を受けることが可能になります。



<<前のページへ   次のページへ>>