隠れ金利とは

隠れ金利とは

以前は、サラ金のキャッシングには金利以外の手数料は掛かりませんでしたが、貸金業法の改正を受けて、2012年の春から提携ATMの利用における手数料が有料化されました。
これは、従来行われていた金融機関相互の送受金時における受け渡しの手数料が「みなし利息」に当たると法的に解釈されたからです。
みなし利息というのは、あらかじめサラ金と利用者の間で決められた返済方法なら、貸出金利は出資法の上限金利である29.2%まで認められるという「みなし弁済」の際に適用される利息のことです。
みなし弁済が廃止されたことで、みなし利息も廃止され、手数料がとられることになりました。

こちら


実は、このコンビニATMの手数料というのは、結構負担が大きく、「隠れ金利」とさえ呼ばれています。
一般的に、コンビニATMの手数料はキャッシングにおける借入時も返済時も、1万円以下の利用の場合が105円、1万円を超える利用の場合は210円が掛かることになっています。
仮に、コンビニATMを利用して1ヵ月に2万円を2回、計4万円を借り、そして、4万円を一括返済した場合は、210円が3回で630円の手数料が掛かります。

こちら


この金額は、1日当り21円の利息を支払っているのと同じことになり(30日間で返済した場合)、年利換算にすると、10万円の利用で金利が0.25%も上がったことになります。
ちなみに、レイクとセブン銀行の間ではATM手数料が無料になっていますが、これは利用者が支払う手数料をレイクが肩代わりするという契約が交わされているために、みなし利息には当らないためです。

審査で重視されるポイント

どういった形であれ「サラ金」を利用する際には必ず業者の「審査」が行われます。

こちら


「審査」は申込者にどの程度の「返済能力」があるかを見極め、「貸出限度額」や融資の可否を決定する際に行われます。
では、「審査」の際にはどのような項目が重要視されるのでしょうか?一般的な「サラ金」では、申込みの際に、住所・氏名・年齢・連絡先・職業・家族構成・借入履歴・希望金額などを提示する必要があります。
この中で一番重要視されるのは、「借入履歴」となります。
「借入履歴」とは、申込者本人がこれまでどのような借入を行ってきたか?や現在他社からの借入はあるか?返済状況はどうか?などです。
当然、他社からの借入はない方が「審査」は通りやすいと言えるでしょう。

こちら


しかし、現在他社からの借入がないとしても、過去に借入があり返済が滞っていた場合などは、「審査」を通らなかったり、「貸出限度額」を低く抑えられてしまう可能性があります。
その他に重視されるポイントとしては、安定した職業についているかどうか?や持ち家などの資産を持っているかどうか?引越しや転職を繰り返していないかどうか?などがポイントとして重要視されているようです。
「審査」においては、申込者の「返済能力」を見極めるため、業者にとって「信頼」を与える項目が重要視される傾向にあるようです。



<<前のページへ