クレジットカード以外にも消費者金融の発行するカードを作っておくことをお勧めします。

クレジットカード以外にも消費者金融の発行するカードを作っておくことをお勧めします

クレジットカードも非常に便利なカードなのですが、それ以上に便利で作っておいた方が良いカードがあります。それが消費者金融のキャッシングカードです。

その理由は返済方法と借り入れ方にあります。クレジットカードの場合、キャッシングはリボルディング払いにならないので、翌月そのまま請求が掛かってきます。それではなかな切羽詰まった生活の中、心の余裕を求めることは難しいと思います。その点、消費者金融でのキャッシングカードは、元金スライド式リボルディングを採用しているところが多いので、もともと借り入れた金額が10万円までは月額数千円の返済で済んでしまうのです。

こちら



これなら、安心して借り入れて返済することが出来るのではないでしょうか。毎月返済する方法もありますし、一括で返済する方法も選べるようになっているので尚更柔軟な借り入れができるようなっているのです。だから自分のようにクレジットカードと消費者金融のキャッシングカードを持つようすることを進めているのです。

いざお金がないという事態になった時、助けてくれるのは身近な親戚でもありません。友人でも借り入れは厳禁です。そんな時にも消費者金融なら気兼ねすることなく貸してくれるのです。

こちら

きちんと返済させするば、信用に傷がつくこともありません。それに最近の消費者金融は銀行傘下の場合が多く、昔のような金利も非常に高いグレー金利ではなくなってきています。

だから、銀行傘下の大手から借り入れる分には安心できるのではないでしょうか。昔の悪いイメージは全く無くなった消費者金融を見直してみてどうでしょう。かなり強力な助っ人になること間違いないでしょう。

消費者金融でお金を借りてみた体験談と、注意すべき事柄

私は普段、消費者金融でお金を借りることはありません。

なんとなくリスクが大きいイメージが強く、今まで手を出して来なかったんですが、こないだ、給料前に突然に出費する案件が続いてしまい、お金が足りなくなったので、どうしても間に合わず、消費者金融を利用することにしました。

こちら



審査をしてもらったところ、50万円以下の少額借入のため、すぐに借りることが出来ました。

消費者金融のイメージが変わったのはそこからです。オンラインでの審査をしたのですが、とても親切でわかりやすく、よく世間でリスクのあるイメージとはかけ離れた世界がそこにはありました。

審査後、すぐにATMで借入をすることができたのでとても助かりました。

昔から、消費者金融というと自己破産した人がいたり、なんとなくイメージが悪かったんですが、結局、借りる人の問題だという結論に落ち着きました。

こちら



いくらでも借りれるからといって借りていては、それは返せなくなって当然です。

自分の収入状況と照らしあわせてしっかり計画を立てて借りるようにすれば、これほど便利なシステムもないのです。「いつもニコニコ現金払い」と言いますよね。

あくまでも「収入があったら返せる額」を借りるのが鉄則だと私は思います。

「来月以降も給料は入るから」という安易な考えで借りてしまうと、後で困るのは自分です。

来月以降、職が無くなる可能性だってあるんですから、そこを間違えずに、きっちりと計画性を持ってお金を借りれば良いのです。



<<前のページへ   次のページへ>>