ご利用は計画的にしよう

ご利用は計画的にしよう

お金がないと生きられない、そんな時代が続いている中、いまやあちらこちらの街角に消費者金融の無人店舗が進出しています。

人はだれもがお金に困りたくないし、借金など抱えたくないと考えているはずです。

しかしいつ、いかなる理由でお金に困るようになってしまうかは、一寸先は闇といったところでもあり、お金の不幸は誰に対してもつきまとうものです。

お金に困ってしまったら、手っ取り早く消費者金融を利用するというのは、確かにメリットが色々とあるようです。

こちら



利用する際の審査はたいへんに早く、簡単なものになっており、よっぽどの問題を抱えていない限りは、お金を素早く借りることが可能になっています。

自宅のパソコンから申込みを出来るという点でも、店舗へ足を向けなくても良いという意味では便利です。

街のあちこちにあるコンビニのATMから、借り入れができるようになっているところも、大きなメリットです。

大手の消費者金融によっては、最大で500万を借り入れることもできるということです。

こちら



24時間365日借り入れが出来るというところは、お金がどうしても必要だという時に大変に助かる仕組みでしょう。

しかし、私のような者が言うのも何ですが、消費者金融のご利用は、計画的に考えて行かなければいけないと思います。

借金をちゃんと返済できなければ、家や車といった資産も全て取られ、路頭に迷うことになりかねません。

「ご利用は計画的」にという言葉が良く聞かれますが、この言葉は「ご利用は計画的にしないと大変なことになりますよ」の略であると考えるべきと思います。

こちら

サラ金ってどんなものでしょうか

よくサラ金という言葉を耳にするけど、サラ金ってなんだろうと首を傾げる人も少なくありません。サラ金とはサラリーマン金融といって、手軽にキャッシングできることから、この名前が名づけられました。なぜ、手軽にキャッシングできるかというと、無担保で利用できるからです。担保を必要とすると、どうしても連帯保証人や実印などが必要となってくるので、大ごとになってしまう可能性があるからです。しかし、実際には最近サラ金という言葉を使う人は少なくなりました。どちらかというと、年配の男性などが多く使っているように思います。

こちら

サラ金はどこにいってしまったのでしょうか。実はサラ金は消費者金融という言葉になって今も存在しています。なぜ、サラ金から消費者金融になったかというと、主婦やフリーターなどの利用層の幅が広がり、もはやサラリーマンだけが対象とならなくなったからです。今や消費者金融は日本人の10人に1人は利用している計算になります。消費者金融の勢いはとどまることを知らず、国道沿いの空き地や貸しビルの一室には無人受付が並んでいます。サラ金は対象層や名前が変わりはしたものの、その利便性からなくてはならないものとして、多くの人に必要とされているものだと思います。


融資 - Wikipedia


<<前のページへ   次のページへ>>