健全な形で成長を目指す消費者金融

消費者向けの信用供与の1つに消費者金融があります。消費者金融は英語で表すとConsumerlendingです。個人への小口・無担保・短期の融資のことですが、消費者金融は貸金業の業態を指して言う場合もあります。この場合の貸金業とは、特に一般の個人に対する無担保での融資業をいいます。

こちら

古い資料ですが2006年の消費者金融残高は約31兆円です。そのうち消費者金融専門会社による供与額は約9兆円となっています。

消費者金融を行う貸金業者は「貸金業法」による登録が必要です。登録せずに不正に高金利で貸金業を営むのが「闇金融」と呼ばれ、消費者は安易に借り入れをしないように注意しなくてはなりません。

こちら

消費者金融が目立って普及し始めたのが1990年代です。テレビコマーシャルの解禁や自動契約機の普及によるためです。利便性の高まりと社会認知度の高まり、二つの高まりにより消費者社会に普及しました。

こちら

最近では銀行などの後発参入組のシェアが高まりつつあるように思えます。銀行は企業貸出、個人貸出が低迷しており、だぶつく資金を高収益の消費者金融の運用に振り向けています。銀行が参入する形態は、消費者金融専門業者との業務提携や子会社の共同設立、資本提携や銀行による消費者金融業者の吸収統合なども行われています。

こちら



最近では消費者金融業者も随分紳士的になりました。2006年12月に成立した改正貸金業法の効果もありますが、日本の代表的な銀行グループが消費者金融の世界に参入したことの影響がより大きいと考えられます。消費者金融は今後、更に健全な形で成長していくでしょう。



<<前のページへ   次のページへ>>