消費者金融の種類

消費者金融の種類

消費者金融が主に行ってきたのは、融資の上限が50万円ほどの小口の融資でした。このような融資の形態の事を、現在ではキャッシングと呼ばれています。キャッシングは、総量規制と呼ばれる年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけないという規則の対象となっています。

現在消費者金融が行っているのは、小口の融資だけではありません。総量規制の対象とならない金融商品も扱っているので、利用者の側は注意する事が必要となっています。さらにかつて消費者金融であったブランドが、銀行に買い取られたことによって継続しているケースも増加しています。

このような場合には、銀行が行うローンとなるので総量規制の対象外となります。

こちら

難しいのは、消費者金融と銀行が合併して経営を行っている場合には銀行系消費者金融と呼ばれており、総量規制の対象となります。消費者金融は現在2種類に分類する事が出来ます。

銀行と合併した場合には銀行系消費者金融で、以前のままの状態で経営を行っている場合には専業系消費者金融と呼ばれています。そして消費者金融のブランドを銀行が買い取った場合には、銀行本体のローンもしくはキャッシングという形となるので、消費者金融系とは呼ばれていません。

消費者金融の業者ごとに様々な形態の融資を行うようになっているので、適性がある融資を選択するためにはある程度の学習が必要となっています。

こちら

利用者にとっては選択肢が増えた状況となっているので、歓迎する事だと思われます。

消費者金融探しを始めましょう

自分に合った消費者金融探しをしておけば、もしもの時でも安心です。

消費者金融は数多く存在します。

コマーシャルで宣伝しているような大手から

小額借入をメインとしている小さな消費者金融などがあり

消費者金融によって利率や支払回数、支払年数の上限が異なります。

こちら



ですからどこの消費者金融で借りても一緒と言うわけではないのです。

支払回数を多めに設定するのであれば、少しでも利率が低いところで借入契約を結ぶべきです。

たった数パーセントの違いであっても長い目で見れば大きな差が出てしまうのです。

また、初めて契約を結ぶ場合、二ヶ月間無金利融資を行っている消費者金融も存在するのです。

二ヶ月間無金利は利用者にとって嬉しいサービスであります。

利率は借入金額が少なければ少ないほど大きくなる傾向にあります。

1万円の借入の場合は年利18パーセント程度徴収されるのです。

年利18パーセントと言うとそんなに小さなものではないのです。

こちら



しかし1万円の借入れ金額に対してですから、利息相当分の返済もままならなくなるという事はないのです。

1万円だけ借りるのは何だか気恥ずかしいなどと思っている方もいるのですが、そんな事はないのです。

消費者金融では高額借入より小額借入を利用している方のほうが多いのです。

どうしても気恥ずかしさが拭えない場合は、店舗での申込みでなく

インターネットや電話を利用して申込みを行えば良いのです。

これらの方法であれば店舗に足を運ぶ必要もなく、気恥ずかしさを感じる事もないのです。



<<前のページへ   次のページへ>>