消費者金融と法律

消費者金融と法律

消費者金融のような金融業者に新しく法律が施行されました。それは改正貸金業法です。この法律は金利の規制と過払い金の返還というものを看板としている法律であり、この法律のおかげてとても多くの消費者金融の利用者の方達が過払い金を返還されたのではないかと思います。その一方でこうした制度を利用して金儲けをたくらんでいる人たちもいるなど、詐欺なども発生しているようです。この貸金業法の改正は主にノンバンク系という銀行が親会社ではない金融業者にされたものですが、この法律の施行により世の中から消えた貸金業者はたくさんあります。なんといっても過払い金の返済は巨額になったのでそうしたことが要因だと思います。

こちら

この法律の改正で今までこうした消費者金融でお金を借りれていたという人も現在では借りられないということが起きており、闇金などの違法な金利を取る金融業者の暗躍というものも危惧されています。法律というものはとても大きな影響力というものを持っているものなのでこうした改正というものは近年にはないとても大きな変化だったのではないかと思います。金融というものは社会や世界というものを回していく上でとても大切な役目というものを持っているものなのでこうしたものが健全に働くということが望ましいと思います。

こちら

バイクをキャッシングで購入

僕はずっとど田舎に住んでいます。小さい頃から住んでいます。

町までは自転車で1時間くらいかかり、一度買い物行く度にいつも大変な思いをしています。

小さい頃は、学校と家の往復でしたのでそんなに大変ではなかったのですが、成人してから仕事先まで行ったり、

買い物に出かけたりとすごく大変です。

移動手段を何か考えないといけないと思ったのですが、バスも走っていないので、必然的にバイクか車になります。

こちら



車の運転免許は持っていなくて、バイクの免許は持っていたのでバイクを買おうということになりました。

親にも相談したのですが、親は車を所有していて、移動に困っていないので成人しているのだし自分で何とかしなさいといわれました。

僕は町のスーパーで朝から夕方ごろまでアルバイトしていたのでそれなりにお金を持っていたので、

まぁてもちのお金でバイクを買えるだろうと思い、バイクショップへ行きました。

中古のバイクや原付バイクなら安くからありましたが、ハーレーって呼ばれているバイクがとてもかっこよく見えて、

それがほしいと思いました。

こちら



店員さんに相談したところ輸入車だから値段が200万すると言うことでした。

僕は結構貯金があったのですが、ぎりぎり足りなかったので、モビットの無人契約機でキャッシングすることにしました。

足りなかった額は少しだったので借りた額も少しです。

無事ハーレーが買えて今ではハーレーで職場に行ったり、買い物に町まで出かけています。

あの時少しお金足りなくてキャッシングできたことは助かりました。

なんていったって、早く交通手段がほしかったものなので。



<<前のページへ   次のページへ>>