消費者金融について

消費者金融について

消費者金融について書きたいと思います。消費者金融というと、何か怖いイメージがあると思いますが、最近は全然そんなことがありません。昔のイメージのようにサングラスした柄の悪い人が取り立てに来る事はまず無いと思います。

私も、2社から借り入れしたことがあるのですが、普通の銀行みたいな感じで、対応してくれるのも普通のサラリーマンやOlさんのような人なので全く怖いとは思いませんでした。もう今は、ネットで振込みまで完了してくれるサービスもあるので、対面するし無くて借り入れできるので本当に便利になったと思います。私のときは7年前ですが、1度は来店しないといけないとの事だったのですが、自動無人機で契約できたので対面なしで契約できる会社もありました。

こちら



消費者金融の一番いいのはとにかく審査が早く、利用が即日できるという事にあると思います。銀行で融資を受けるとなると社員証を持ってこいだの、給料明細をもってこいだの、源泉徴収表をもってこいなど、いろいろと審査があって、融資が決まるのが結構時間かかるのですが、消費者金融の場合は人や会社にもよると思いますが、基本的に即日融資してもらえます。本当にCMでやっているように急な出費に対応することができると思います。私の場合は結婚式のご祝儀と交通費で10万円近くかかるときがあったので、利用させていただいたのですが、その日に借り入れすることができました。

こちら



これから使おうと思う人は、条件等をきちんと確認して、利息がつくのをきちんと理解しない返すのは大変ですので本当に利用するのは計画的にすることをお勧めします。

即日融資でFXのロスカット回避

先日、消費者金融の即日融資を受けて非常に助かりました。

僕はFXをやっているんですが、ある日自分のうっかりミスから非常にまずいことになりました。投資していた掛け金のストップロス(損切り=ある額まで下がったら自動的に決済するという設定)をする際に数字を間違ってしまって、ものすごい赤字が出てしまっていたのです。

こちら



その赤字により、ロスカットのピンチに陥ってしまいました。ロスカットというのは、投資している資金が残り少なくなってくると強制的に決済するという仕組みです。

僕の読みとしては、もう一度為替の数字は戻ると思っていました。数字が戻れば、赤字は無くなって損失は防げます。しかしその前にロスカットになっては、大損のまま終わってしまいます。それを防ぐには、大急ぎで「追証金」というものを入金しなくてはいけません。これはもう、2〜3日後でもダメ、後で必ず入れるという約束をしてもダメ、現金で入金するしかないんです。

こちら



しかし手持ちの現金が足りませんでした。それで、消費者金融でお金を借りることにしました。朝、大急ぎでネットで「即日融資」を広告で言っている業者を探します。そのうちの一社に決め、ネットで申込。本人確認書類、収入証明書などを画像にして送信。それから担当者さんから電話が来て、細かいことの確認。

その後、どうやら僕の勤め先に電話があり、在籍の確認があったようです。

そして「融資OK」の連絡があったのが午後2時。こちらの銀行口座を伝え、そこに現金を振り込んでもらいました。ネットバンクを使い、そのままその口座からFX口座に入金。無事ロスカットをまぬがれました。


貸金業 - Wikipedia


<<前のページへ   次のページへ>>