交通事故の修理代を消費者金融からお借りしました

交通事故の修理代を消費者金融からお借りしました

3年ほど前の事です。その日は前日から雨が降り続く寒い日でした。雨で路面が良く見えていなかったのか、それとも朝早かったので寝ぼけていたのか分かりませんが、私は誤って路肩にある側溝に車のタイヤを落としてしまったのです。細い道だったので注意をして走っていたのですが、ハンドル操作を誤ってハマってしまいました。

その後、車を近くの車屋さんに頼んで引き上げてもらい、その後修理料金をはじいてもらたのですが、何とその総額は40万円という見積もりが出たのです。車両保険に入っていれば全額補償されるとのことですが、生憎私は車両保険には入っていないので、全額自費で支払うほかありません。

こちら



しかし、私には貯金もなければ借りる相手もいませんでした。ホトホト困り果てていた私が思いついたのが、消費者金融より融資を受けるということです。以前より消費者金融の金利が引き下げられ、利用しやすいということを聞いていたので、即座に利用しようと思いついたのです。

早速、インターネットにて申し込みをしました。すると次の日に電話で所在確認があり、それをパスしたらすぐに融資OKの知らせを受けました。

こちら

その知らせの後日利用カードが届き、カードを用い修理代の融資を受けることが出来ました。その後、無事車を修理して事無きを得ることが出来ました。

今では何事もなかったかのように、以前と同じようにマイカーにて通勤が行えています。これも全て消費者金融が融資してくれたお蔭だと思っています。本当にありがとうございました。

アイフルについて

アイフルに関して記載します。

アイフルは大手消費者金融の会社です。東証一部に上場する大手消費者金融会社です。

競合であるアコムやプロミスが大手都市銀行の出資などを受け入れて、グループ企業化していく中で独立色の強い経営を行っています。

こちら

独自路線をとってはいますが、積極的なTVコマーシャル・交通広告・ティッシュ配布などの宣伝活動、拡大基調の店舗展開などは他の消費者金融会社と同様の展開を行っています。

このようなアイフルはどのようなサービスを展開しているのでしょうか。

実質年率は5.5パーセント〜18.0パーセントです。最大貸付枠は300万円になります。

他の消費者金融会社と同様に来店不要で申込・審査が可能になっています。

現在のCMキャラクターは2012年(平成24年)からは、バナナマン(設楽統さん・日村勇紀さん)といとうあさこさんが勤めています。

こちら

TVコマーシャルではバナナマンバージョンといとうあさこさんバージョンの2種類が制作されて、放映されています。

ほっとするキャラクターを使った親近感の溢れる雰囲気でまとめられているのが、他の消費者金融会社とは異なっている点だと思います。ちなみにアイフルでは過去のCMキャラクターで犬のチワワを使ったTVコマーシャルも展開していたこともあり、ほっとするキャラクターを使用する傾向があるかと思います。このあたりのCMキャラクターの選定基準も他の消費者金融会社とは異なっているかもしれません。



<<前のページへ   次のページへ>>