親しみやすいプロミスを使いましょう

親しみやすいプロミスを使いましょう

プロミスは黄色いカエルがキャラクターの親しみやすい消費者金融です。昔からテレビコマーシャルをしているので、プロミスを知っているという人も少なくないでしょう。実際に、わたしも小中学生の頃からプロミスのコマーシャルに親しんでおり、時代劇風やコミカルなマネーマナーのコマーシャルが好きでした。

また、プロミスはイメージブランドだけではなく、使いやすさをとっても親しみやすいと言えるでしょう。消費者金融というと、初めての利用をするには勇気があります。しかし、プロミスのホームページはとても明るいつくりで、なおかつわかりやすいので、消費者金融を使ったことのない人でも、どんな仕組みでかりられるのかを知ることができます。

プロミスにはマネーアドバイザーが常駐しているようで、借入や返済のことについて相談できるのがいいと思いました。やはりお金のことはきっちりしておきたいと思うのが人間です。だからこそ、お金の借入や返済についての相談窓口がしっかりと設けてあるプロミスは安心です。

こちら



また、ポイントサービス利用で、30日間利息無料になるのが、初めての借入をする人にとってうれしい話です。これならやってみようという人も多いのではないでしょうか。ぜひ、親しみやすいプロミスを検討したいものです。

アコムを利用するメリットについて

アルバイトやパートをしている方で、お金の借り入れを考えている方もいらっしゃると思いますが、銀行などでは借り入れが難しい場合もあります。そこで、おすすめなのが消費者金融のアコムの利用です。ここでは、そんなアコムを利用するメリットについていくつか挙げてみます。

まず、アルバイトやパートの方でも、一定の収入がある場合は、審査の上で融資が可能になっているという点です。

次に、最短30分という審査スピードの早さもメリットの1つと言えます。仕事のお昼休みを利用して申込みをすると、休み時間中に融資を受けることが可能な場合があります。

また、借り入れや返済をする場合の手段が多数用意されているというのもうれしいメリットです。

こちら

インターネットの他、コンビニやショッピングセンターのATM、アコムの窓口、振込や口座からの自動引き落としといった方法も選べます。また、インターネットやATMの利用は24時間365日メンテナンス時間などを除いて利用が可能になっているので、都合に合わせて借り入れ、返済をすることが出来ます。

このように、アコムの利用にはさまざまなメリットがありますので、これまで利用したことがなかった方も、申込みをしてみてはいかがでしょうか。

サラ金でお金をよく借りていました

何社かのサラ金でお金を借りていました。サラ金は簡単にお金を貸してくれました。

最初は10万円くらいですが、何回か返すと枠を広げてくれて、50万円くらいまで貸してくれます。

借りるのはいいですが、返すのがとても大変でした。利息が高くなかなか元金が減りません。

その時、グレーゾーン金利が、認められて今まで払った利息を、返してもらえるように、なりました。

こちら



早速、司法書士を通して手続きをしましたら、過払い利息が多く、元金が無くなりました。

借りているサラ金のうち、つぶれてしまった、所も有りました。そこのお金は戻って来ませんでした。

今のサラ金はとても金利が安く借りやすいと思います。

今はサラ金から借金はしていませんが、潰れてているサラ金が、沢山あり、とてもずるいと思います。

責任をきちんと取るべきです。利息を沢山取って、いざとなると、潰れてしまうのは、おかしいとおもいます。

最近は銀行系のサラ金が増えています。潰れたサラ金をどんどん買い取って銀行が経営しているようです。

最近は、借入がとても、難しくなっているようですが、できるだけサラ金からは、借りない方が良いです。

借りたときはいいのですが、払うときになると、返すのがとても大変になります。

過払い金に対する二つの考え方

私は自他共に認める借金人間です。ここ三十年に渡って、借金の無かった日などは皆無です。

こちら

常に何らかの借金を抱え続けています。そしてその借金の多くは、様々な金融機関からの借金です。今までに、既に無事に完済した借金も沢山ありますし、現在返済中の借金もあります。そしておそらく、これから新たに借りる借金もあるであろうと思われます。

そんな借金塗れの私の人生ですから、もしかしたら過払い金もあるのかも知れません。しかし、無いのかも知れません。私の知人の中には、私と似たような立場の借金仲間がいますが、その借金仲間の間では、自分の借金の過払い金に対しては二つの考え方があります。一つは、「過払いはある」と断定する立場であり、もう一つは「過払いはない」という立場です。

あると断定する者は七割、無いと思う者は三割くらいの比率になっています。ちなみに私は「ない派」です。もちろん、私の借金にも実は過払いがあってお金が返還できたら、それは素敵なことだと思います。しかし、実際はそんなに旨い話はないのではないかと思うのです。いずれにしましても、もしも過払いがあるのか無いのか白黒はっきりさせる方法があるとするならば、一度、私も試してみたい気持ちはあります。



<<前のページへ   次のページへ>>