消費者金融返済地獄

消費者金融返済地獄

消費者金融のやり方はうまいと、憎い相手ながら感心してしまいます。化けの皮を剥げば銭ゲバであるにも関わらず、表向きはタレントなどをCMに起用したりしてライトでポップなイメージを庶民に植え付けています。

その結果「消費者金融はそんなに怖いものじゃない」という誤ったイメージを持った人が、借金地獄への一歩を踏み出すのです。

私もその庶民の一人です。遊び盛りの新入社員時代、薄給にもかからず遊びまわり、遊ぶ金欲しさに消費者金融での融資を受けたのでした。

融資額は50万円となり、遊ぶ度にちょこちょこと借り入れ、気付けばすぐに限度額いっぱいとなっていました。そして他社から更に借り入れ、自転車操業をする始末・・・

借金総額は飛んでもない金額にのぼり、おまとめ一本化ローンの融資さえ受けられない状況でした。そして今は本業以外にも副業をして、寝る間を惜しんで働いて、返済をしている状況です。

ほんの一時の気の迷い、ほんの一時の悦楽のために、こんな苦労をすることになろうとは思ってもみませんでした。あのときの私をしかり飛ばしてやりたいです。

借金返済で毎月金が吸い取られ、しかも元金はじわじわとしか減っていかず、自由になる金もほとんどなく、食事も質素にならざるを得ず、このような理由から私は自殺願望を抱くようになりました。

こちら

首をつって自殺未遂をしたこともあります。その時はひもが緩んで落ちたため事なきを得ましたが、もう身も心もボロボロでした。

今では「一度死んだ命だ、どんな無茶もできる」と思ってがむしゃらに働いています。先月でようやく半分を返済し、やっと折り返し地点だと喜んでいたところです。

皆さんも本当に窮地に陥った場合以外は、安易な気持ちで借金をしないようにしましょう、

女性専用、やさしいキャッシング

女性の方は、消費者金融でお金を借りるという行為はなかなかしにくい事ではないかと思います。

でも、急にどうしてもお金が必要になるというのは、女性にも当然ありますので、借り入れをどこでするかは考えもの。

そこで、女性専用のキャッシングをご紹介します。

プロミスのレディースキャッシングというのはご存知ですか?

主婦の方、学生の方、パートやアルバイトの方も、

女性は皆さん利用しているそうです。

こちら



利率は6.3%から17.8%の年利率。お急ぎの方にもオススメのとっても素早い審査に定評があり、

自動審査で最短1秒回答です。

24時間いつでもパソコンやスマートフォン、ケータイでも申し込みができますので、お仕事中でも深夜でも対応してくれるのはありがたいですね。

女性にとっては、カード発行時に店頭へ行くというのがなかなか抵抗あるものですよね?

プロミスのレディースキャッシングなら、来店不要で振込みでの融資も可能ですので、恥ずかしい思いをすることもありません。

また、カードはコンビニや銀行ATMなど多くの場所で利用可能ですので、安心して利用、返済をすることができますよ。

女性だって今はお仕事上の付き合いなどで急な出費はつきものです。ピンチになったら女性専用のキャッシング、利用してみてくださいね。

アコムはスタイリッシュな生活が可能です

消費者金融のなかでも大手のアコムは、利用することでスタイリッシュな生活を送ることが可能だと思われます。

こちら



理由のひとつとして、アコムのサービスは全国に広がっているからです。例えば、アコムの借入や返済を行えるところは多岐にわたります。アコム自身の窓口であればもちろん、コンビニエンスストアや提携している金融窓口のATМでも利用可能です。これならば、自宅でも仕事中でもデート中でも、借入や返済場所を探すこともないでしょう。

また、パソコンや携帯電話を使ったインターネットサービスも充実しているので、わざわざ窓口を探さなくてもいいのもいいでしょう。どんなときも、慌てることなくスマートに借入や返済をする姿は、とても格好いいと言えるでしょう。

そして、実際に借入を行うときに用いるアコムのカードも魅力的です。こういった金融系のカードは、あまりデザイン性に富むものは少なかったのですが、アコムのカードは意匠的なデザインです。ブルーやシルバーのメタリックデザインのカードは、お財布からすっと差し出しても、特にイメージの崩れるものではありません。そのため、ビジネスシーンにも使えるカードを言えるでしょう。

このようにアコムはスタイリッシュで快適な生活を送るには必須と言えるでしょう。

消費者金融と自己破産制度

消費者金融などからお金を借りて、返済できなくなった人は、それを返済するために、また別の消費者金融などからお金を借りて、その返済のためまたお金を別の事業者から借りる……という自転車操業状態に陥り、ついには返済が不可能なほど多くの借金を抱えてしまい、身動きがとれなくなる、といったケースが少なくありません。

こちら

こうした人たちを多重債務者と呼び、こうした状態になると確立した社会生活を営むことが困難になります。そのため、多重債務に陥った人たちを救済し、早期の立ち直りを助けるために考え出された方法が自己破産です。自己破産とは、多重債務に陥った人が、自ら裁判所に破産を申し立てることをいいます。自己破産の申し立てがあると、裁判所は破産内容を審査し、破産を宣告することになります。裁判所は、債務者に支払能力がないと判断すると、破産宣告と同時に、破産管財人を選任します。破産者の財産は管財人によって管理されることになります。破産者になると、住所が制限され、郵便物を破産管理人によって管理されるほか、5〜7年程度消費者金融やクレジット会社から借金をすることはできなくなります。しかし、戸籍謄本に記載されたり、選挙権を失うことはなく、日常生活に大きな支障が出るということはありません。



<<前のページへ   次のページへ>>