消費者金融の広告・勧誘の主体はネネットに移った

消費者金融の広告・勧誘の主体はネネットに移った

消費者金融の広告はインターネット上で見る以外はほとんど見かけることがありません。新聞広告では改正貸金業法が施行された2009年6月以降は消費者金融会社の広告をほとんど見かけません。代わりに銀行のカードローン広告をしばしば見かけます。スポーツ紙などでは大手業者から中小業者までの広告が掲載されています。スポーツ紙の読者には消費者金融を必要とする人が多いのでしようか。宣伝効果がなければ掲載はしない筈です。以前からスポーツ紙の広告は過大広告であったり多重債務者を生む引き金となり問題が指摘されています。

テレビCMは以前は盛んに見られたものですが、最近ではほとんど目にしなくなりました。日本弁護士会等からのテレビCM中止の意見書などを受け入れ、広告の放送は減少しています。また自動契約機のCMも姿を消しました。タレントが扮した可愛い女性社員が消費者金融の社名を言って宣伝するCMもなくなりました。

私はラジオの民放を聞く習慣がないのでCMのことはよく知りませんが、ある程度はやっているそうです。

こちら



消費者金融業者はインターネット上に広告の舞台を移したようです。例えば次のようなものです。「お馴染みの主要銀行から大手消費者金融まで、最大43社徹底比較…お急ぎの方やお悩みの方におススメ!カードローン完全ガイド人気のカードローンを【スピード】【金利】【柔軟性】視点で完全攻略!【スピード重視】当日の借り入れは可能?」などの内容です。比較サイトなどを利用することで、顧客を賢く業者のサイトに勧誘しているようです。如何に誘われようと決めるのは消費者です。一度立ち止まってこれでいいのかと考えましょう。

最短40分でカードが手元に、即日融資可能な三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンである「バンクイック」は、最短で即日融資が可能なカードローンです。

バンクイックの最大の特徴は、他の銀行のカードローンと違い、銀行口座を持っていなくても借入可能な事です。

こちら



最短30分での審査に加え、特に急ぎの場合に備え、テレビ窓口も用意されています。

テレビ窓口は、ATMコーナーに設置されていて、土日祝日も稼動しています。テレビ窓口を使えば、その場で審査して、カード発行が可能です。この場合は、最短で40分でカードが作れますので、大変便利です。

注意する事は、ある程度の時間までに申し込まないと、カード発行が翌日になってしまいますので、時間をキチンと調べて利用しましょう。

最大500万円まで融資可能で、金利は4.6%〜14.6%です。借入する額によって、金利は変動します。

毎月の返済額は2,000円からですが、余裕のある月は多めに返済する事も可能です。

ホームページには借入可能か、3秒で診断できる機能が備えてあり、返済シュミレーションなども出来ますので、借入する場合は利用しましょう。

こちら



返済は、三菱東京UFJ銀行のATMや提携しているコンビニのATMが利用出来、手数料は無料です。

一括返済の場合は、日割り計算されるので、ちょっと手持ちが無い時にでも気軽に利用できるのがメリットです。

例えば、急に必要になって10万円借りたとしても、翌日返済なら、利息は40円しかかかりません。

100万円を超える場合は、収入証明書が必要ですが、100万円までなら、必要な物は運転免許証だけです。

即日融資で大切な日の成功を

私の人生の中で今までに、即日融資が必要となる日が何度かありましたが、一番印象に残っているのはちょっと結婚が決まり高価なプレゼントをした時です。

男女の関係とは、繊細なもので一刻を争うような場面もあったりします。

特に「結婚したい」という願望があると、一日も早く繋がりを持ちたいと思うものです。

私の結婚はかなりさかのぼる話になるのですが、3年ほど付き合ったある日結婚を決意しました。

こちら

相手もまた同じように考えていたと思うのですが、あと一歩をお互い踏み出す事が出来ず時間が経ってしまいます。しかし、私の方から一歩を踏み出しようやく結婚への道のりが出来たのですが、意外とそこからが大変でした。

じゃあ今どれだけお金を持っているのかというとあまり手持ちがありません。結婚が決まったという事でそれなりのプレゼントを考えていたのですが・・・そこで考えたのが即日融資です。普段のお買い物での使用という事ではなく、特別な日やプレゼントでの利用です。

プレゼントの渡す時期など、特に決まりはないのですが心情的には早くプレゼントし喜ばせたいと思うものです。

翌月の給料までは長いですし、色々な手続きを待つような事も正直考えてしまいますから私のとっては即日融資が便利なシステムだと思います。

利用の仕方は色々とあると思います。どの方法が良いのかは各自違うと思いますが便利な即日融資というシステムを活かし日々の生活や特別な日などを楽しんでいきたいと思います。



<<前のページへ   次のページへ>>