仕事ができなかったために

仕事ができなかったために

私は発達障害を持っており、そのために非常に苦労の多い人生を送ってきました。発達障害が発覚したのは社会人になってからなので、親はこのことを知りませんでした。また、私自身も教えるつもりもありませんでした。

そんな私ですが、この発達障害には随分と悩まされてきました。仕事はすぐクビになるし、アルバイトさえうまく務まらないという状況です。当然経済困難に陥ります。経済困難に陥り、なおかつ仕事が見つからない空白の三ヶ月間がありました。この時期、どうやって食いつないだかというと、消費者金融からの借り入れでした。

こちら



借り入れをしている当時は、明日の食事にありつける喜びで、事の重大さを認識してはいませんでしたが、結果的にはこの三ヶ月間で限度額いっぱいとなってしまいました。すでに返済は始まっています。三か月命をつないだことにより、生活はより厳しくなったのでした。

アルバイトをなんとか見つけて仕事をするも、結局パンクしました。消費者金融から実家に電話がありました。両親の驚きはいかばかりであったかと思うと、申し訳なさでいっぱいです。親からこっぴどく叱られました。そして二度と同じことを繰り返さないように、親に発達障害のことを告白し、親元で生活するようになりました。

こちら

今は障害者支援の仕事に就き、少しずつではありますが、親へ恩返しをしています。

親が救ってくれなかったならば、ブラックリスト入りをし、支払い要求に頭を悩ませていたことでしょう。もう二度と、消費者金融に手を出すことはありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンについて

三菱東京UFJカードローンについて書かさせていただきます。

三菱東京UFJカードローンは大手都市銀行の一行であり、三菱東京UFJフィナンシャルグループの中核企業でもある三菱東京UFJ銀行が個人向け無担保ローンとして展開をしています。

こちら



三菱東京UFJカードローンには2種類ありますが、ここでは「バンクイック」について書きたいと思います。

三菱東京UFJカードローン「バンクイック」の概要は

金利が4.6〜14.6パーセントです。最大借入限度額は500万円です。審査は最短で即日対応です。即日の融資も対応可能です。申込受け付けはインターネット、店頭窓口、書類郵送のほか、テレビ窓口が設置されている店舗でなら、土日・祝日でも対応しています。

また、消費者金融系カードローンややクレジット会社系カードローンと異なり、銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。

こちら

総量規制を簡単にご説明すると借入申込者の年収の3分の1を超える借入が出来ない事です。

但し、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、借入希望者の状況によっては年収の3分の1を超える借り入れも可能になっております。

三菱東京UFJカードローンの全体的な印象は柔軟で審査早い事。提携ATMが多く、特にコンビニATMに強いです。つまり、入出金できる所が多いという事です。

銀行系カードローンを検討する場合、三菱東京UFJカードローンは外せない選択肢になるのではないでしょうか。



<<前のページへ   次のページへ>>