消費者金融について

消費者金融について書きたいと思います。

消費者金融系カードローンと銀行系のカードローンとは何がちがうのでしょうか。

・運営元が異なります。

銀行系カードローンは○○銀行と名のつく、金融機関が運営しているカードローンです。大手銀行の場合もあればネット系銀行の場合もあります。

こちら

一般的には○○銀行と銀行の名前がついているので、はじめて借りるような方であれば心理的なハードルはかなり下がるのではないでしょうか。

消費者金融系カードローンは業界的に貸金業に分類される会社が運営をしています。

消費者金融も大手企業の場合は大手銀行の資本が入っている場合も多く、心配する必要はないと思います。

こちら



・審査のスタンスに違いはあるない?

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンは貸出先のターゲットが異なっています。

消費者金融系カードローンは返済能力が見込まれる場合はそれに見合った枠を扶養するスタンスが有ります。

こちら

もう少しわかり易くいうと、貸せるようならば誰にでも貸しますというスタンスです。

一方で銀行系カードローンは余裕がある方にいざという時の為のカードローンというイメージが有り、若干ですが収入の多い人向けかもしれません。

・貸出限度額はどちらが大きいの?

これは銀行系カードローンの方が大きな傾向が有ります。

こちら

例えばオリックス銀行カードローンは最大で800万円になっています。

消費者金融系カードローンは500万円までかと思いますので、銀行系カードローンの方が大きな貸出枠の設定が可能です。

但し、審査によって可能な貸出枠が決まってきますので、全ての方が借りられるわけでは無い事をご注意ください。


オリックスVIPローンカード


<<前のページへ   次のページへ>>