比較サイトを利用して自分に合った消費者金融を見つけよう

比較サイトを利用して自分に合った消費者金融を見つけよう

サラリーマンの人は、最低1枚くらいは消費者金融のカードを持っていた方が急な出費でピンチの時に助かります。しかし、いったい沢山ある消費者金融の中からどの会社を選んだら良いのか、初めての方は悩むと思います。そこでインターネットを利用して、自分に合った消費者金融を探してみましょう。

比較サイトでは、大手の有名な会社からマイナーな会社までいろいろな角度から情報をまとめてくれているサイトが存在します。申し込みから振込までのスピードが早い会社、他から借り入れがあっても審査が比較的甘い会社、無利息サービスを行っている会社など様々な趣向を凝らしてお客様を募集しています。

その中から自分が重要視するポイントに焦点をあてて、検索をしていきましょう。闇雲に複数の消費者金融に申し込みをすると審査に落ちる可能性があるので、多くても2社から3社くらいにとどめておく事が大切です。

こちら



申し込みをする会社が決まったら、インターネットから申し込みを行いましょう。ほとんどの消費者金融は現在インターネットの申し込みが可能です。本人確認書類などもメールで画像を送って完了できる便利なサービスがある所が多いです。必要事項の記入と、勤務先の在籍確認が終了して、審査に通ると早ければその日から利用をする事が出来ます。

あとは、指定の返済日に必要な金額を返済するだけです。高額な借り入れの場合は他に収入証明書が必要な場合などもありますので、わからない部分については申し込んだ消費者金融に確認をして下さい。

消費者金融と返済

さまざまな理由でまとまったお金が急に必要になることがあると思います。

例えば、スピード違反などの反則金は結構高額なものがあります。

高速道路を35キロ以上スピード違反した場合、反則金が35,000円となります。

こちら



普段の生活にかかるお金からこの額のお金が必要になると、困ったことになることが容易に想像できると思います。

また、医療費なども高額医療になるとかなりの金額が必要です。

そのようなときに、つなぎとして利用したいのが消費者金融です。

消費者金融はすぐに融資可能か審査したのち、速やかに融資をしてくれるのが利点であると思います。

そして審査も自動契約機で誰と会うこともなくすることができるのです。

その分ハードルが低いともいえますが、すぐに借りてすぐに返すという使い方ならば利用価値は大いにあると考えていいと思うのです。

とりあえず借りることができるか調べるのは、最短1秒というキャッチコピー通り本当にweb上ですぐにできるのです。

こちら



明日までに4万円とか、そういう時はwebで調べて自動契約機に向かって契約し、その隣にあることが多い現金支払機でお金を借りるという流れになるのです。

ここで気をつけたいのが、実際に借りていい額のことです。

月収から支出を計算し、その残りの額で返済するという、当たり前の事を事前に把握しておく必要があると思います。

目安では10%を超えるとかなり厳しいことになるようです。

このあたりに注意して、借りすぎに気をつければ、消費者金融はイザというときの強い味方になると思います。

サラ金道・海外篇

海外で思いもよらぬ出費がかさんだり、金が要るのに手持ちでまかなえなかったりでお困りのとき、海外キャッシングが便利です。

キャッシングは勤め人の強い味方!

予め日にちにゆとりをもって、海外で使えるカードを日本で作ってさえおけば、あとは日本にいるときと同様、手軽にいつでも現金補充できますから安心して海外での買い物やアドベンチャー、観光地散策、休憩に勤しめます。

こちら



但し、行き先周辺図や、手持ちのカードのATMの場所は、日本にいる間におさえておかなければ、いざというときには切羽詰まって時間がないこともあって、見知らぬ土地で大混乱したまま断念してしまいがちです。

同様に、ATMの使い方にも、言葉が解らない場合が多いので、注意しないといけません。言語変換できる場合もありますし、辞書などのツールの利用でなんとかなる日常会話レベルなので、普段から英語バージョンの機械操作方法にきり換えて慣れておくなどしていると、戸惑いが減っていいかもしれません。

また、注意したいのは、海外は治安が違うということで、行きずりの犯罪に遭わないようさびれたところとか誰でもぶつかってきそうな、ガードされていないところなどは、予め下調べして候補にしない方がいいでしょう。


住信カード


<<前のページへ   次のページへ>>