苦しかった消費者金融での借金返済生活

大学時代に先輩に連れられて行った競馬にどっぷりはまり、毎週のようにお金を注ぐ毎日を送っていました。社会人になり、自分の給料というものを今まで以上に持ち始めると、余計に競馬に使うお金が増えていきました。負けても負けても、たまにくる大きな勝てる日の為にお金を使い続け、かなりのマイナスになってしまいました。

こちら

時には友達にお金を借りてまでも、今回こそは大穴が来ると思って買っていました。そして、ついには友達への借金がたまり、その返済の為に消費者金融でお金を借りることにしたのです。審査自体はあっさりと通過してしまい、いとも簡単に融資を受けることが出来ました。

こちら

友達に借りていたお金を一括で返し、あとはこの消費者金融に毎月返済するだけでした。しかし、私はまだ借りれる上限まで余裕があることに気づき、どうせならさらに融資を受けて競馬で当てれば、簡単に返すこともできるし、貯金さえもできるなと思い、借りてしまったのです。

こちら

当然のように競馬にかけたお金はなくなりました。翌週、また消費者金融から融資を受けて競馬に使ってしまいました。あと一回だけ大きいのを当てれば全部簡単に返済が出来るから、と思ってしまっていたのです。もう競馬で返すの無理だと、そんな当たり前のことに気づいたのは、上限まで借りてしまい、もう融資を受けられない状態になった時でした。

こちら

そこで初めて自分のしてきた愚かさに気付きました。自分がどれだけ競馬でお金をなくしてきたのかを理解し、すごく後悔しました。それから、毎月給料をほぼ返済のためだけに充て、虚しい生活を送ってきたのです。食べ物も、完済まで贅沢は一切できませんでした。もう、競馬も借金も二度としないと誓うことが出来たのだけは、良い経験になったと思います。


キャッシング|ジャックス


<<前のページへ   次のページへ>>