過払い金の請求、まず最初にすることは?

過払い金の請求、まず最初にすることは?

消費者金融から、昔からの借り入れがある。過払い金請求をしたいんだけど、まず、何をしたらいい?

こんなとき、まず、最初に確認すべきことは、「その借金、返済が終わってますか?終わってから年々過ぎていますか?」です。

もし、返済が15年前に終わっていて、言い換えるなら、最終取引から15年以上が過ぎている場合は、過払い金請求はできません。残念ながら、時効にあたってしまいます。

同様に、あなたが自己破産などをした場合、過去に借りていた借金は、既に処理済みの案件ですから、これも対象外です。

過払い金請求の対象となるのは、消費者金融業者からの借り入れに限ります。クレジットカードのショッピングや銀行からの借り入れは対象外です。

最終取引が15年以内で、返済中、または、完済しているものであれば、まず、最初にすることは、借入先の消費者金融に連絡を取り、取引情報の開示請求を行うことです。これは、電話でも構いません。

こちら



過払い金請求では、過去の取引の全てを確認する必要があります。いつ、いくら借りて、利息が何%で、いつ、返済して、その内訳がどうなっているか?

細かい実情に全て答えられる人は、そうそういないでしょう。

消費者金融側は、これらの情報をすべて保管しているため、まず、それが必要となります。

「消費者金融側から、相手にしてもらえないんじゃないの?」

という心配は、基本的には無用です。なぜなら、個人情報保護法によって、こうした取引情報の請求があったときは、必ず応じなくてはならないと定められているからです。

しかし、中にはタチの悪い業者がいて、全く対応しようとしない可能性もあります。そんな場合は、文書で請求する必要が出てきます。

プロミスのサービスについて

プロミスとは、消費者金融業者のサービスブランド名で、三井住友フィナンシャルグループの子会社です。

有名人を起用したインパクトのあるCMや、街中でよく見かける黄色の看板が印象的で、日本では知らない人はいないくらい、馴染みのある会社と言えます。

こちら



消費者金融業者は多数ありますが、大手グループの一員ならではの信頼感は、他に比べてもずば抜けており、初めて消費者金融を利用する人にとっては心強い限りです。

お金を借りる時というのは、どこかに恥ずかしいという気持ちもあり、できれば、お店の人と顔を合わせずに借りたいというのが本音ですが、プロミスの場合は、インターネットを使って24時間・365日申し込みが可能ですし、WEBや郵送での申し込みなら、人と顔を合わせる必要がありません。

無事に審査を通過し、実際にお金を引き出す時は、プロミスのATMはもちろん、コンビニの提携ATM、銀行のATMからも受け取りが可能なので、自分の都合の良い場所を選択することができますし、プロミスのATMに入るところを誰かに見られたら、と抵抗を感じる人でも安心です。

また新規の借入で、会員登録を済ませた人なら、30日間無利息というお得なサービスも行っています。

こちら



30日間に返済してしまえば、利息はかかってこないので、初めて借りる人なら必ず会員登録を済ませておきたいところです。

アルバイトやパートの人でも申し込みができる、女性のためのレディースキャッシングもあるので、どうせ審査に通らないと諦めていた女性は、一度調べてみても良いかなと思います。

消費者金融の必要性

消費者金融

聞こえは普通だが、私からすれば貧乏人から更に金を巻き上げる言葉に聞こえます。

10年ほど前は明らかに関係のないCMをそこそこ放映していたが、最近はCMに加え宣伝バナーや明るい感じのWEBサイトで契約者の獲得を狙っている。

借りなければ関係ないだろうが、どうしても生活費が足りずに借りて返済に苦労する人が多数いる。私自信も少なくはない額を借りて返済をした。

借りる額によっては簡単に借りれる、だが簡単に借りれるのが問題だです。

今は免許だけで無人機を使えば簡単に借りれるしネットでも応募は簡単にできる。

こちら

中には自分のお金と錯覚をしてしまう人もいる。こういった自分の欲を我慢できない輩が消費者金融の利益増長をさせ多数の消費者金融が生まれるキッカケになってしまったのではないでしょうか。

20万円借りて月額1万づつ返していけばいいというシミュレーションプランもあったが、それはアナタの会社の利益があがるからそうしたシミュレーションプランをだしているのでは?と思ってしまいます。

所詮民間企業だから利益に走るのは仕方ない、私は金融機関は国が運営すればよいのではないかと思います。

公的機関であれば利益重視に走る必要もない(但し利子はしっかりととる)借りた人はオンラインでデータを共有しどうしても返せない、職を失った人に対してはケアマネージメントを行いしっかりと返済させていきます。

しかしながら今現在の消費者金融をアテにしている人もいるのですぐ無くせとは思わないが少しづつ公的機関が運営を

していけばいいはずです。



<<前のページへ   次のページへ>>