消費者金融のサービスについて

消費者金融のサービスについて

消費者金融のサービスについて書きたいと思います。

今回は銀行系カードローンのひとつである、りそなプレミアムカードローンをご紹介します。

りそなプレミアムカードローンはその名の通り大手都市銀行のひとつである、りそな銀行が運営する銀行系カードローンです。

りそなプレミアムカードローンは借り入れ総額に関して年収の3分の1までと制限される総量規制の対象外となるカードローンです。総量規制とは借り過ぎを防ぐために制定さらた法律です。多重債務者にならないような効果も期待されています。

低料率で借り入れが出来る事ので人気のあるカードローンです。

こちら



気になる金利ですが、3.5パーセント〜14.0パーセントとなっております。この水準なら多くの消費者金融系カードローンや信販系カードローンに比べても、低い水中であることがお分かりいただけるかと思います。

また、最大の貸出枠は800万円です。これ位の貸出枠があれば、ほとんどの方が枠が少なくても困る事はないでしょう。

もう一度ポイントをまとめてみたいと思います。

やはり大手都市銀行ならではの低金利と高い貸出枠ではないでしょうか。

こちら

また、心理的にもクレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社でカードローンを使っているのと、銀行でカードローンを使っているのでは心理面でも負担が異なるのではないでしょうか。

安心して、低い料率で、大きな額を借りる事ができるのが、りそなプレミア厶ローンの最大級のポイントになります。

とある消費者金融にてお金を借りました

何年か前になりますが、たまたまその時期に友人の結婚式などの冠婚葬祭が重なってしまい、現金が必要になったため、とある消費者金融を利用しました。

元々パチンコなどといったギャンブルが好きな私は、貯金という貯金がいっさいなく、このような事態が続いたときかなり困りました。

こちら



そして色々インターネットで調べていたところ、とある消費者金融にいきつきました。

申し込みをする際、自動契約機であったため何を持って行っていいかわからなかったため、とりあえず身分証明証と源泉徴収票、加えて直近二ヶ月分の給与明細を持って行きました。

自動契約機など生まれて初めての経験なものですから非常に緊張した記憶があります。

まずは自動契約機でお金を借りたい旨を説明して、それからは身分証明証の提示、そして源泉徴収票の提示で済みました(直近二ヶ月分の給与明細は特に必要ありませんでした)。

こちら



そして申し込みは無事完了して、借り入れを行うためのカードを受け取り、限度額50万円にて契約をいたしました。

今すぐにでもお金が欲しかった私はすぐにコンビニのATMへ行って30万円ほど引き出して、冠婚葬祭のお金に回しました。

その際は一括払いではなくリボルビング払いにしたのですが、金利手数料の事などをあまり考えていなかったのですが、今思うと金利手数料15%は少々高いなと思いました。

しかしながら、それによって急激な出費の対応に救われたので今となってみればよかったとは思います。

ご利用は計画的にとはまさにこの事かと思います。



<<前のページへ   次のページへ>>