カードローンの怖い所

急なお金が必要になった時、カードローンを利用するのは、もはや常識になったといってもいいでしょう。テレビのCMで宣伝されるのも普通になりましたね。

グレーゾーン金利の廃止と総量規制によって、これまでのような多重債務者を抑制するきっかけになり、新しいお客様が利用しやすい金利になった事は良かったと思います。

こちら



どんなものでもそうだと思いますが、行き過ぎた借り入れは破滅をもたらします。金融会社側でも色々と対策を行っていますが、利用する私たちが気をつけなければ、これからも多重債務で苦しむ人たちは増えるでしょう。

こちら

利用者の意識の改革が重要なのです。

借りすぎに注意するために、気をつけて欲しい事は、必要のない時に借り入れをしない事です。借り入れをした瞬間に次の日から利息が発生します。1日の利息はたいしたことありませんが、1ヶ月経つと結構な額になります。もしもの時のために作ったカードですから、必要のないときに借り入れをする事は控えましょう。

こちら



また、借り入れが必要な時も、必要以上の金額を借りないようにして下さい。カードローンの怖いところは、希望額のほかに限度額まで借り入れが出来るカードです。このカードを持つと、自分をしっかりとコントロールできない人は、自分のお金と勘違いをして、キャッシュカードのように利用する方がいます。

こちら

これは絶対にやめましょう。私も必要以上の借り入れをして返済に困った経験があります。多く借り入れをした分、払う利息も多くなるのです。

この事を気をつけて利用すれば、カードローンは便利です。本当に困った時使えるように、普段から気をつけておきましょう。


キャッシングに関するQ&A


<<前のページへ   次のページへ>>