消費者金融を賢く使おう!

消費者金融を賢く使おう!

消費者金融というと一昔前までネガティブなイメージがありました。法定利息以上の金利で貸しつけて暴利を貪った挙句、返済できなくなった顧客に対して悪質な取り立てを行うというような。

しかし、そのような体質は社会問題になり、現在では少なくとも大手の消費者金融業者では大幅な是正がなされました。その背景には、銀行が自らの業務の一部に消費者金融を取り込んで、健全な体質でより消費者に身近な金融として育てたということがあります。銀行が買収により消費者金融を飲み込んでより大きな市場を獲得したとも言えます。

したがって現在の大手消費者金融では法定利息以上の利息を課すことはなく、安心して利用できる金融機関となりました。

あなたがお金を借りたいとき、銀行やクレジットカードのローンがまず考えます。しかし、それにはある程度のハードルがあります。銀行ローンですぐに借りたいと思っても契約に何日か必要です。

こちら

すぐには借りることができないのです。クレジットカードのキャッシュローン枠を持っていれば借りる事はできますが、その枠を使い切っていたならもうお金は引き出せません。

その点、消費者金融であれば、大きな駅の駅前にはたいていと言っていいほど、無人契約機があります。そこで本人確認などを行うことが可能で、その場で契約できる上、即日お金を借りることができます。もちろん基本的には定収入があることが条件となりますが、銀行でローンを組むことを考えれば大変安易に口座を開設することができるのです。そのような消費者金融の利便性は大きなメリットです。節度をもって便利に利用したいものです。

とても助けられました

私の財布のカード入れには、モビットのカードが入っています。でもそれは一番後ろにしまってあって、この8年間ほどは使用していないカードなのです。

私がモビットのカードを発行したのは、20代半ばの頃でした。

こちら

就職して働いていはいたけれど、出費がかさむ時期ってあるんですよね。私の場合はそれは、知人とか親戚の結婚ラッシュでした。

披露宴に招待されたら、まずご祝儀が最低3万円かかります。そして着ていくドレスも、人が被るなら着ていけないので新調するために3万円はかかります。当日は髪の毛をセットしてもらうために1万円ですね。

式場が遠方であれば、自腹で向かいます。近隣なら助かりますが、大学時代の友人はいろんなところに散らばっていて、結構大変です。広島や福岡などに呼ばれました。そこで発生する交通費は、往復で5万円程度になるでしょう。

とすると、一度の招待で5万円〜10万円という出費を強いられるわけです。きつかったのは、同じ月になんと4回も招待されてしまったときですね。おめでたいことをお断りすることもできず、全部出席した時にはお給料は全部なくなっていました。

こちら



そこで助かったのが、モビットカードでのキャッシングです。今でも私のお守りなのです。

キャッシングのご利用では消費者金融会社がオススメ

急な出費でどうしても今すぐにお金を借りる必要がある場合、銀行よりも消費者金融会社の方がオススメになります。昔と比べて法整備がされている現在では、消費者金融会社の金利は銀行と同程度なため、同じ低い金利ならば審査基準が緩く、即日振り込みもできる消費者金融会社の方が急な支払いや出費にも臨機応変して対応することができるからです。

キャッシングのサービスを提供している金融機関は基本的に全て、審査を通過した人にだけカードを発行します。金融機関の発行するこのキャッシュカードを使用しますと、提携しているATMから自由に現金を限度額まで融資してもらうことができます。

大手の消費者金融会社になりますと全国展開しているコンビ二のATMとも提携しているので、24時間いつでも気軽に融資を受けることができます。

こちら

もちろん、返済についても24時間対応しているため、コンビ二行ったついでに簡単に返済することもできます。

生活を便利にするキャッシングサービスは一旦審査を通過してしまえば誰でも気軽に何度でも利用することができるようになるのですが、一度審査で弾かれてしまったすぐ後に別の金融機関に申込みをしますと審査の段階で弾かれてしまいますので、どうしてもキャッシングを利用したい人は確実に審査が通るキャッシング会社からの申込みがオススメになるのです。

大手企業の正社員であり、年収も普通の人と比べて高い人ならば銀行の審査基準を簡単にパスすることもできますが、アルバイトやパートの方ならば審査の緩い消費者金融会社の方が審査をパスできる確率が高まりますので、やはり同じ金利ならば消費者金融会社の方がオススメになるのです。これからお金を借りる予定の方はまず自分自身の状況を鑑み、確実に審査を通過できる金融機関から申込み手続きを完了させることをオススメします。



<<前のページへ   次のページへ>>