ネットで審査・融資が受けられる消費者金融

ネットで審査・融資が受けられる消費者金融

消費者金融で融資を受ける際には様々な手続きが必要になってきます。

融資を受けるためには決まった収入がないといけないので、会社への在籍証明などが必要です。勤務先に電話を掛けて実際に働いているか確認するんです。でも消費者金融で借金をするということは、誰もが秘密にしたいことなのであまり電話などは掛けて欲しくないのが、実際の所です。

そのあたりを消費者金融会社も考えて、最近はパソコンやスマートフォンですべての手続きを済ませるような会社もあります。

例えば三井住友銀行系の「モビット」は申し込みから審査、融資まですべてweb上で完結できるサービスがあります。

この「Web完結」はパソコンのスキャナやスマートフォンのカメラ機能を使って、免許証や健康保険証、収入を証明する物をモビットに送ります。

こちら

これを使って審査が行われ、審査結果もメールで報告されます。

またカードがないので、融資を申し込むときもパソコンやスマートフォンを使って申し込みます。

これで勤務先や家族に知られることなく、消費者金融からお金を借りられるんです。

同じようなサービスは「アイフル」など他の消費者金融会社でも行われています。一昔前なら考えられませんでしたが便利な世の中になったものです。

いくら利用がしやすくなったとはいえ審査が緩くなったということではありません。また気軽に借りて、返せなくなってしまう人もたくさんいますから、くれぐれも利用は慎重にしたいものです。

学生ローンの苦労話

私は大学時代、学生ローンを使ったことがあります。利用の内訳は、恥ずかしいことに、パチンコパチスロなどのギャンブルと、風俗での利用でした。

こちら

初めはお金を借りるなんて絶対にしないことだと思っていましたが、友人に紹介してもらい、なにも苦労もなく5万円が借りれてしまいました。この時は、アルバイトで稼ぐお金もたかが知れていたのですが、毎月最低利息だけかせせばいいということにすごさを感じてしまっていたのです。本当は、利息だけしか返さなければ、返済する合計額が増ええる一方なので少しでも早く返していくべきでということをわかっていなかったようです。

なので、私は毎月本当に少しの額ばかり返していました。しかし、半年くらいたって、いつまでたっても減らないことの重要さに気づき、一か月ほど死に物狂いでバイトをして、それをすべて返済に充てました。おかげであっという間に返済することが出きました。

しかし4年の時にまたそれをくりかえしてしまったのです。

こちら

就活の費用として親がくれたお金を、あろうことかギャンブルに溶かしてしまったのです。仕方がなく私はまた学生ローンを頼ることにしました。そのうえ、これが再びの引き金を引いてしまったのか、就活からくるストレスなのか、またも一回だけと、風俗に行ってしまいました。結局、学生ローンにはさらにもう一度お世話になることになり、就活が終わった後に必死にバイトして返済することが出来たのです。

簡単に借りれてしまうからこそ、お金の価値がマヒしてしまうので、学生ローンはお勧めしないです。

サラ金はスピーディに融資できる!

急な出張、デート・・・急にお金の必要になった事態は誰しもありますよね。そんなとき、ふと思い浮かぶのが「サラ金」。

しかし、不測の事態のために、キャッシングの利用に関しては「スピード」が要求されることが多いと思います。思い立って、申し込みから融資までの時間、それがどのくらいかかるのかは誰しも気になるところではないでしょうか?

サラ金は、審査や融資のスピードが比較的早いのが特徴です。

こちら

WEBでの申し込み、契約ができて、お客様名義の銀行口座へ、即日振り込むというサービスが一般的で、申し込みの必要事項を入力したら、必要書類も携帯カメラや、ファックスで送信すればオーケー。

時間がなく、お金が必要な時に、わざわざ店舗や自動契約機を探し、自分の足で出向いて手続きするという手間はないのです。必要なお金がすぐ手に入れば、心の余裕にもなり、非常に安心しますよね。

また、自分はいくら借りることができるんだろう?という疑問も、インターネット上ですぐに解決することができます。すぐに、いくら、というのがわからないと心配ですものね。

サラ金は必要な時にすぐ申し込みができ、すぐ融資してもらえる。この頼もしさが多くの人に支持されている理由ですね。



<<前のページへ   次のページへ>>